2017年08月15日

オルビス焼肉シミュレーション

2か月後にもてぎで行われるモトGP日本グランプリの駐車券が届きました。

2017-08-15 10.33.54.jpg

そのもてぎで、昨年同様に何とか実現したいバーベキューというか焼肉ですが、指定駐車場で昨年のように、車外での椅子やテーブルの使用が難しい可能性もあるので、最悪の事態を考えて、オルビス車内で出来るよう、煙の出にくい方法を模索していて、イワタニの「やきまる」とドウシシャの「卓上エアークリーンファン」に行き着きました。

悪くない買い物

そして、ひとり旅の間に、ふるさと納税のサムギョプサル用の豚肉が届いていたので、満を持して、オルビス内での使用を想定したテストをしてみました。

2017-08-14 20.13.09.jpg

改めて、臭いをカットする後ろフィルターを取り付けて、強敵サムギョプサルの前に、先ずは牛の赤身から。

2017-08-14 20.40.58.jpg

「やきまる」確かに煙が出ないですね。

一時、手に入らなかったというのも頷けます。

少し湯気程度のものがたっても、「エアークリーンファン」がしっかり吸ってくれます。

首を前傾させて、出来るだけプレートに近付けるのが良さげです。

あまりプレートに近付けて、溶けても困ると思いましたが、「やきまる」の構造として、煙や火が出にくい、温度が上がり過ぎない構造となっているからか、かなり近付けても大丈夫な気がします。

では、いよいよ強敵サムギョプサルです。

2017-08-14 20.53.50.jpg

火力との兼ね合いというところはありますが、煙は確実に少ないです。

とは言え、出るには出るので、それを「エアークリーンファン」が、頑張って吸っている印象です。

この時点では、4人で食べているので、プレート一杯に肉を並べる必要があり、こうなると、「エアークリーンファン」では、こなしきれない感じなので、ベストは、ひとり、ふたり位でしょうか。

2017-08-14 20.55.15.jpg

煙が分かりやすいように、娘に黒いタブレットのケースを持ってもらいましたが、上手く撮れてなかったですね。

「やきまる」は、明らかに煙が少なく優秀と言って良いと思いますが、落ちた油が燃えないように、プレートの穴を工夫していて、尚且つ、プレートの温度が上がり過ぎないようにしているようなので、人によっては、火が出る強火じゃないと、美味しさが感じられないという人もあるようです。

ホットプレート的と言えばそうかも知れませんが、油が落ちるし、私個人的には良いと思いますし、うちの奥さんにも好評でした。

「エアークリーンファン」の方も、期待していなかった分、それなりに出来る子だと感じました。

とにかく、音が大きいことが、不評の最大の理由みたいですが、フィルターを通す風力が必要なのですから、ある程度は仕方がないと思います。

ファン自体の大きさもあるので、取りこぼしなく煙をキャッチするとなると、その位置や、一度に焼く量を考える必要があります。

それでも、「やきまる」とのコンビネーションは、使えると感じました。

前フィルターは油でベトベトでしたから、これが空気中に放たれると思うとゾッとします。

我が家は6人家族ということで、能力を超えて使用した感があるので、終わったあとの室内は、やや煙っぽく、臭いも残ってしまいましたが、換気扇を回していないので、それを考えると、やはり優秀です。

もてぎでの予備軍としては期待以上の結果です。るんるん
posted by かわいいHERO at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣グッズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180665070

この記事へのトラックバック