2017年09月01日

カメラモードのテンション上がらず

猛暑だったこの夏の暑さも理由のひとつではありますが、ここのところ、カメラを持ち出す気持ちになりません。

下手なりに楽しんで撮っていた写真ですが、SNSでプロやアマチュアのカメラマンをフォローしている内に、なんだかとても面倒臭いと感じるようになってしまいました。

きっかけは、この記事の内容を見た時位からでしょうか?


スナップ写真と個人情報


ストリートスナップって渋かったり、格好良かったりしますが、格好良い写真であっても、その裏で人々に迷惑を掛けているのかなと想像すると、素直に共感できずに萎えてしまうのです。

うちの奥さんは極度にカメラを向けることを嫌がるので、知らないところで作品にされていたら、ひどく嫌がるだろうなぁなんてことが脳裏に浮かんで、自分自身も楽しめないんですね。

そんなこと言ってたら写真なんて撮れないのかも知れませんが、自分にはハードルが高いです。

加えて、カメラマンさんをフォローしていることもあって、最近はSNSでやたらと女の子のセクシーなポートレイトなんかが多数表示されるようになってきて、そちらも違和感が出てきています。

HASEOさんのような現実とは思えない、素晴らしい写真もあったりしますが、モデルさんのセクシーな自撮りとか、淫美を求める?作風な方なんかも、「いいね」されると表示されるので、頻度が増しているのでしょう。

SNSも一度整理する必要があるのかも知れません。

ヌードを否定する気はありませんし、撮ってみたい気持ちもありますが、自分の今のカメラというものには、ないジャンルです。

決して風景写真だけが撮りたいわけではないけれど、自分の許容量の問題なのでしょうね。

極論は、自分の腕や行動力のなさと言えるのかも知れませんが。

そういう意味では、モトGPの世界なんて、レース自体はシンプルに誰が速いかというものなので、純粋に楽しめて、自分はずっとこういう世界が心地良かったのかなと思ったりもします。

そこで、最近はそちらへどんどんのめり込んでいっているわけですが、カメラが嫌いなったわけではないので、9月には夏の暑さも一息つくだろうと、少し前に、仕切り直しの意味で、富士フィルムのXセミナーの写真家さんによる街撮りスナップセミナーに申し込んでいました。

x-seminer.jpg

マイフジフィルムの1000ポイントを消化する申込みで、気分転換に期待していたのですが、見事に外れてしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)

x-seminer2.jpg

Xセミナーの抽選は2連敗です。バッド(下向き矢印)

となると、自力で何とかして気分転換するしかないか…。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣カメラその他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180853868

この記事へのトラックバック