2017年11月06日

カムロードのダブルタイヤ

最近は、キャンピングカー雑誌も買わないので、トレンドに敏感とは言えない状況です。

まぁ、EVや燃料電池車の普及が進みでもしない限り、キャンブコンの基本は大きく変わるようなことは無いと思っているので、革新的なトレンドも期待薄でしょう。

そんな状況の中、ふと目に入ったフジカーズさんのツイッター。

fujicars01.jpg

ラティス越しの車両に興味が湧いてブログを見ると、ダブルタイヤのナッツの「クレア5.3X」でした。


キャンピングカー キャブコン ナッツRV クレア5.3X リアダブルタイヤ 車両情報 − フジカーズジャパン


へぇ〜、カムロードにダブルタイヤなんてあるの?

ってことで、検索してみると、こちらの記事がヒットしました。


リアダブルタイヤのカムロードがベース車デビュー! − 朝日新聞デジタル



なるほど、昨年の12月にダブルタイヤ仕様のカムロードが追加されたのですね。

ベース車として、ダブルタイヤのいすゞエルフが増えてきたことへの対策としての追加でしょうかね。

でも、フジカーズさんのクレアは、それよりも前の平成27年(2015年)式なんだけど…???

あっ、でもさっきの記事に、ダイナにはもともとダブルタイヤ仕様があると書いてあるので、移植されたのかな?

カムロードのワイドトレットに見慣れているので、ダブルタイヤ仕様はちょっと格好悪い気がしますね。ふらふら

カムロードのダブルタイヤ仕様は、サスペンションもトラックのもので、何より現行のシングルタイヤのモデルのシェルを作り変えるのは大変なようですが、それでも、いすゞエルフ用に作り変えることを考えれば、容易でしょうから、ラインナップしてくるビルダーもあるのですね。

まぁ、エルフだと金額も変わってきますしね。あせあせ(飛び散る汗)

とは言え、自分自身もそうですが、シングルタイヤのカムロードでの注意すべき部分などは、既にひと通り上がっていると思うので、ダブルタイヤのモデルが有ったとしても、それを選択するメリットがどこまであるのかは疑問です。

ジル520なんかは、クルーズだと安定感が全く違うらしいですが、オルビストには今後も関係ないでしょうね。

そうこうしている間に、もっと大きなトレンドの変化があれば、リセットされちゃうでしょうし。たらーっ(汗)

とは言え、ベース車として選択肢が多いことは歓迎すべきことですし、どうしてもいすゞが駄目という人にとっては、唯一のダブルタイヤとなる可能性もあるでしょうから、自分には直接は関係ないけれど、トヨタさんありがとう。ぴかぴか(新しい)
posted by かわいいHERO at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣関連記事・ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181499156

この記事へのトラックバック