2017年11月20日

フェルメール展!?って先の話でした

ip21.jpg

ネットニュースで『フェルメール展』が行われると知りました。

美術館なんて退屈なところだと思っていた私ですが、ここ数年は、うちの奥さんとのデートを兼ねて、美術館へ行くことが楽しみの一つになっています。

美術館のハードルを下げてくれた大きな転換点は、鳴門の大塚国際美術館かも知れないと思っています。

上の作品「真珠の耳飾りの少女」も、複製とはいえ、大塚国際美術館でじっくりと向きあったことは今でも記憶に残っています。


大塚国際美術館の存在意義


で、そのヨハネス・フェルメールなんですが、17世紀のオランダ絵画黄金期を代表する画家の一人で、現存する作品はわずか35点とも言われているそうです。

今回は、その内の8点が展示されるということで、これは日本美術展史上最大だそうです。

ちなみに、私の数少ない美術館での絵画鑑賞の経験の中では、「天文学者」だけは観たことがあります。

P1010542.jpg

リベンジ喜多方ラーメンと芸術なひととき

残念ながら、この時に訪れた京都市美術館の本館が再整備工事のために今年の4月から休館となっていて、平成31年度内の開館に向けて改修中なので、大阪市立美術館だけでは機会が半減してしまうと思われます。

それだけに、この『フェルメール展』は貴重な機会となることでしょう。

うちの奥さんには未だ話していませんが、絶対に「行きたい」というのは目に見えています。

でも、肝心の開催時期が、東京展でさえ来年10月からで、大阪展に至っては2019年2月だってことなのでで、一旦は忘れようと思います。ふらふら
posted by かわいいHERO at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣へぇ〜そうなんだ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181626181

この記事へのトラックバック