2018年06月12日

恨めしドコモ

久しぶりのスマホネタですが、例年、この時期にはHUAWEIのLEICAブランドのカメラを備えたスマホ「Pシリーズ」の新商品が発売になります。

私が初めてHUAWEIのスマホを手にしたのが一昨年の「HUAWEI P9」な訳ですが、そのカメラ機能に一目惚れして、以来、スマホのカメラ利用は、iPhoneではなく「HUAWEI P9」オンリーとなりました。

そして、昨年には更に画質が上がり、画面サイズが大型化した「HUAWEI P10 Plus」を手にすることとなりました。

こうして端末を手に入れることが出来たのは、「HUAWEI」の端末がSIMフリー端末だったからです。

サブ回線の格安SIMである「OCNモバイルONE」用端末として購入する大義名分があったのです。

そして、今年も「HUAWEI」の新しい「Pシリーズ」が発表されたのですが、その端末がすごい。

センサーサイズも一般的なコンデジを凌ぐ1/1.7インチと大型化され、レンズは3つとなり、4000万画素だと言う。

25CE162C-AB1C-486E-A684-517F5C2FC89C.jpeg

その端末の名前は「HUAWEI P20 Pro」。

ですが、そのボディには「docomo」の文字が…。

そうです、素晴らしい端末「HUAWEI P20 Pro」は、NTT docomoの端末として発売されたのです。

私の職場のメイン回線はauなので、残念ながら「HUAWEI P20 Pro」を手にすることは出来ません。

代わりにSIMフリー端末としては、「HUAWEI P20」が発売されるという発表があったものの、Proの抜けた端末は、トリプルではない、従来と同じダブルレンズで、センサーも普及コンデジと同じ1/2.3インチです。

望遠以外に画質自体は差がないとは言いますが、この差は大きいと感じています。

実際、「HUAWEI P9」から画質が良くなったという「HUAWEI P10 Plus」を使用して来て、正直そこまで違いは感じなかったのです。

なので、「HUAWEI P20」への移行は考えていません。

次のデジカメWatchの記事によると…

HUAWEI P20 Pro ー 1/1.7インチ4,000万画素の実力を見る トリプルカメラスマホ、ついに日本発売へ

AIによる色調整は、あまりいただけないようなので、このまま、「HUAWEI P10 Plus」で従来のLEICAチューンの写真で良いやという結論です。

反面、docomoの方には、是非とも「HUAWEI P20 Pro」をご検討されることをお勧めします。
posted by かわいいHERO at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183531398

この記事へのトラックバック