2018年06月16日

フルサイズの誘惑

オルビスによるお出掛け無しのストレスが、困った事態を誘発してしまいました。

久しぶりに目を向けたデジタル一眼カメラ市場で、私がメインマウントと位置付けている「富士フィルム」と今最も元気な「ソニー」については、こちらの記事でも取り上げました。

FUJI「X-H1」とSONY「α7M3」

富士フィルムはフルサイズは不要と明言し、プロ用途の上位にフルサイズを超えた中判サイズのセンサーを持つ「GFX 50S」をラインナップしました。

実際、重さ大きさを理由に、他社のフルサイズ一眼レフから乗り換える方も多く、フルサイズは不要と言う声も多く見られます。

私自身も富士フィルムのその言葉を信じて、満足しておりました。

ですが、「X-H1」の登場が、そこに疑問を投げかけることとなりました。

富士フィルムは、手振れ補正はレンズにのみ搭載し、ボディ内手振れ補正は描写優先主義で搭載しないと言っていたにも関わらず、その考えを超えるシステムができたと「X-H1」を発表したのです。

ちょうど、オリンパスのフラッグシップ機が2秒の手持ちでもブレないという情報に、手振れ補正に興味が出ている時に登場した「X-H1」には、本来なら手放しで喜ぶべきところですが、問題はその大きさです。

折角の軽量コンパクトがメリットであるミラーレス一眼なのに、その大きさを指摘する声は少なくありません。

但し、私自身が実際に「X-H1」を手にした感想としては、持ちやすくなっているので、許容範囲と感じました。

と、ここまでなら、「X-H1」への買い替えを検討するところですが、それを打ち砕く勢いを持つのが、ソニーの「α7Mark3」の登場です。

どう考えても、3代目にして劇的な改善を遂げたフルサイズミラーレスは魅力です。

高価な「X-H1」の価格がそれをさらに際立たせることになり、完全に「X-H1」の市場を喰ってしまっているように感じます。

また、ニコンのフルサイズ一眼レフからのマウント替えも半端ないと聞きます。

もちろん、スタンダート機ということで、初心者やステップアップによる需要も多く、売れに売れている印象です。

フルサイズは不要としてきた私ですが、実際のところはフルサイズを使用していないことで、フルサイズは常に気になる存在であり、ペンタックスの「K-1」なんかは、いつか買うんだろうとどこかで思っていました。

ですが、ヨドバシ梅田で、ミラーレス機と持ち比べたら、一瞬でそんな気持ちは消え失せました。

持論としては、やはり未来はミラーレスです。

それなら、「フルサイズミラーレスを体験してみれば良い」という極論が発動してしまいました。

2018-06-15 18.44.36.jpg

後先考えない悪い病気が発症し、何とかかんとか資金を集めて、後で売るものを売ったら良いやと取り敢えず「α7Mark3」のボディだけ購入するという暴挙に出てしまいました。

でも、ボディだけではどうしようもないわけで、「安いレンズを…」と思って、レンズを物色して初めて、これは大変な世界だということに気が付きました。

レンズが馬鹿高いというか、安いレンズがない。

安いものが全くないわけではないけれど、ソニーの安いものは安いなりのようです。

そんな中、85oと望遠過ぎますが、高評価で比較的安価なレンズを見つけて、クレジットカードのポイントや手持ちのギフトカードなんかを寄せ集めて、何とかレンズを確保しました。

2018-06-15 18.49.41.jpg

レンズの実態を知ってしまうと、尻込みしてしまいますが、ある程度フジで揃えたレンズがあるので、使い分けで何とかならないか?とか、そんなにいろんなレンズは要らないので、マウント替えで少し良いレンズの資金にするか?とか、いろんなことが頭を巡りますが、富士フィルムにも愛着はありますので、先ずは使ってみてからです。

場合によっては、あっさりソニーに別れを告げる可能性もありますから。

さて、どうなるかはわかりませんが、先ずは、昨晩仕事帰りに寄ったエキスポシティについて、次の記事で取り上げます。
posted by かわいいHERO at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ソニー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183554375

この記事へのトラックバック