2018年06月16日

初のフルサイズ試写

「百聞は一見に如かず」と血迷って手に入れたソニーのフルサイズミラーレス「α7Mark3」ですが、レンズが付いて撮影可能になったからには、先ずは撮影してみたいということで、昨晩、仕事帰りのエキスポシティへ立ち寄りました。

もし、「なーんだ」ってことになるなら、できるだけ早く売り払った方が傷口は小さく済みますから…。



ということで、撮影に当たり偶然FACEBOOKで見つけたカメラマンさんの夕刻の色が素敵だったので、真似してクリエイティブスタイルを「夕景」、ホワイトバランスを「日陰」にセットしたつもりでしたが、ひょっとすると「夜景」になってたかも?

DSC00003.jpg

エキスポシティのシンボルの大観覧車「OSAKA WHEEL」ですが、クリエイティブスタイルを間違ったかもわからないので、lightroomの「Adobeカラー」で現像してみました。

DSC00003-1.jpg

現像し直した方が良かったりしますでしょうか?

osakawheel.gif

gifにして比較するとこんな感じです。

expocity02.gif

もう一つのシンボルのガンダムも

expocity01.gif

この構図では、かなりイメージが変わってきます。

DSC00006.jpg

ここからは、撮って出しの方を。

DSC00007.jpg

lightroomでの現像は、おまかせとしたことで、どれも明るくなるようです。

DSC00009.jpg

モノレールが通り過ぎました。

全て開放1.8の絞りでの撮影ですが、もっと感度をあげてシャッタスピードを速めれば止まるのかな。

シャッターチャンスには強い印象を持ちました。

DSC00011.jpg

でも、私の場合は静物をじっくり撮るのが好きなので、気になるのはボケ具合の方です。

DSC00016.jpg

フルサイズなので、ボケが大きくなるのは間違いないのですが、フジフィルムでも、レンズによって良くボケますから、撮り比べてみないと私にはわかりません。

DSC00021.jpg

でも、想像していたよりもメカシャッターの感じが心地良くて、撮っていて楽しかったです。

DSC00020.jpg

撮影中に設定を変更するのが苦手な私は、最初の設定のまま、建物内も撮影しておりました。

DSC00020-1.jpg

lightroomには、ソニーのこのレンズのプロファイルも既にあるので、周辺光も補正されて、色も薄くあっさりとした感じになるようです。

DSC00022.jpg

こちらの写真もそうですね。

DSC00022-1.jpg

人物が入る場合には、プライバシーの問題からこのボケの存在に助けられますので、フルサイズの良さを感じる構図です。

DSC00023.jpg

こちらのカフェの店舗内を写した写真は、相当色に違いがあります。

DSC00023-1.jpg

ホワイトバランスの影響が大きいので、現像した方が自然ですね。

DSC00027.jpg

無機質な車のボディなんかも、現像し直した方が良いかなぁ。

咄嗟の判断や行動が苦手な私にはRAWでの撮影が欠かせません。

DSC00027-1.jpg

なんかカメラよりもどうでも良い現像の話になっていたり、ボケがレモンボケになっているものもありますが、「α7Mark3」とコストパフォーマンスの高い「FE 85mm F1.8 SEL85F18」の組み合わせの私のファーストインプレッションは「楽しい」という結果になりました。るんるん

こりゃあ、このまま使ってみたいなぁという印象です。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ソニー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183555709

この記事へのトラックバック