2018年07月02日

お腹パンパン

C162031B-F3E1-4E96-84BF-4EAE7F56FCCC.jpeg

例年、30℃やゴンタのハァハァ状態を見ながらエアコン稼働を判断していましたが、今年はゴンタの年齢的な部分も考慮して、室温28℃を基準としたので、ほぼハァハァすることなく既にエアコンな日々となっています。

それに伴い、我がファミリーの雑魚寝シーズンも例年よりも1週間早く始まっています。

以前は6人だったところが、長男と次男が抜けて、4人となったので、ゴンタを含めてゆったりと寝られるようになりました。

昼夜ともに温度管理ができていることで、ゴンタの温度面での心配はないのですが、気になるのがゴンタのパンパンなお腹です。

先日、獣医さんに診てもらったものの、腫瘍であるとか病的なものではなくて、単なる空気や水によるお腹の張りのようです。

ドライフードを呑み込んだり水を舌で飲むにしても、同時に相当な空気を呑み込んでいるのだと思われます。

かと言って、げっぷをすることも無く、わずかにおならが出ることもありますが、到底お腹の空気抜きにはなっていないようです。

後ろ足が弱っていることもあり、このお腹の膨らみ具合が相成って、尻もちから動けなくなることも…。ふらふら

食事もウンチも後ろを支えてやるとスムーズにいきやすいようなので、ほぼほぼ介護状態になりつつあります。あせあせ(飛び散る汗)

それでも、エアコンの効いたリビングの床に舌を出して寝ているゴンタは癒し以外の何物でもなく、以前にも増して家族の中でのアイドル感が強くなっています。ぴかぴか(新しい)

たまに、外で若いパグがお散歩しているところを見ると、とても同じ種類の生き物とは思えないです。爆弾

パンパンお腹の心配はありますが、エアコンのおかげで今のところは気になる食欲の落ちもなく、この夏を乗り切れば、無事に16歳の誕生日が目の前です。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 17:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ★パグ犬ゴンタの日々
この記事へのコメント
こんばんは、しばらくぶりです。相変わらず、かわいいですね。家のめるちゃんも、14歳すぎたころから、おなかパンパンでした。病院の先生が心配してレントゲン撮ったのですが、空気でした、、、おなかをなでてあげたりして。ヨガの上体をねじるポーズあるんですが、人がげっぷ出ない時にするポーズ。めるちゃんを膝に抱いて、上体だけ左右にゆっくり何回かねじってみたら、何日かして少し空気が抜けてました、効果あると良いんですが。
Posted by めるぴぃ at 2018年07月09日 01:43
>めるぴぃさん

コメントありがとうございます。
何分初めてのことばかりなので、経験談をいただけるのは非常に有難いです。
やはり、空気でそうなるのですね。
水を飲む量も多くなっているので、おしっこも出る時はおむつが吸収しきれないほどすることもあって、いろいろと加減ができなくなるのかなと感じています。
うちは、三男坊が時々膝にのせて動かしていますが、ヨガは知らないので、今度、やってみますw。
Posted by かわいいHERO at 2018年07月09日 10:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183706556

この記事へのトラックバック