2018年07月19日

我が家の「オルビス・イオ」はグランドツアラー?

最近、我が家のキャンピングカー「オルビス・イオ」のビルダーであるキャンピングワークス社に少し動きが出て来たようです。

改めてブログでオルビスの特徴をポイントごとに説明されており、オルビスのことが良くわかるシリーズになっていると感じます。

その中には、ちょっと前のものですが、私たちオルビストの集まりのオフ会の様子も取り上げられていたりもします。

そんなブログの動きに連動して、ホームページにも変化が・・・

cw2018_00.jpg

「オルビス待望の新シリーズ登場!」ですって?!

新シリーズ名は、「オルビス・アルファ・グランドツアラー」と「オルビス・ラタ」というそうです。

cw2018.jpg

説明文を見ても、今一つピンと来ませんが、

cw2018_02.jpg

お知らせの簡潔な説明で何となくわかります。

実は、少し前のキャンサスのブッシュの一件での小西社長とのメールのやり取りで、リアダイネットを装備したオルビスを展示すると聞いていたので、それが「オルビス・アルファ・グランドツアラー」だとすぐにわかりました。

オルビスのリアダイネットと言えば、我が家のオルビス・イオが先駆者となりますので、我が家のαじゃないイオは「オルビス・イオ・グランドツアラー」なのか???">

果たしてその内容がどのようなものなのかが気になります。

ちなみに我が家のリアダイネットはこんな感じ。

s-DSC03985-thumbnail2.jpg
DSC01407.jpg
DSC02413.JPG

人数が多い時には活躍します。

底板が全て外れるので、使ったことはありませんがフルオープンも可能です。

一方の「オルビス・ラタ」については、???あせあせ(飛び散る汗)

“ラタ”という言葉を調べてみても、Wikipediaでは「この項目では、病気について説明しています。ヒンドゥー教の寺院については「マハーバリプラム」を、ミャンマーの郡区については「ラタ郡区」をご覧ください。」なんてあって、意味不明です。

病気というのは考えにくいので、ミャンマー???それも違う気がするので、今後の情報を楽しみに待ちたいと思います。

“ラテ”なら私にもわかりますが、そんな意味のないちゃらちゃらしたものでは無い、じぇね男さんの高度なセンスが導き出したものなのでしょう。

フル電化の原点とあるので、シンプルの方向性ならミャンマーもあるかも?

136.jpg

「オルビス・アルファ・グランドツアラー」の方は、今週末の「東京キャンピングカーショー2018」に展示されますので、ぜひ見に行ってください。

私も行きたいところですが、流石に大阪からは行けませんので、行かれた方は是非とも教えて下さい。
posted by かわいいHERO at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183941742

この記事へのトラックバック