2018年08月02日

「アレクサ」パワーアップ

アマゾンのプライム会員サービスを利用することで、僅か2,980円の投資で、いろいろと楽しませてくれるアマゾンのAIスピーカー「Echo Dot(エコードット)」ですが、実際に体験してみると、もっといろいろしたくなります。



可能性を感じるという意味では、身近なスマート家電が一番でしょうか?

そう考えて、こちらの商品を導入してみました。



金額的には「Echo Dot」はプライムデーの安さに釣られて半額で購入したので、こちらはその倍以上の金額となり、既に安さに釣られているとは言えませんが、実際にAIを体験して、その面白さを経験してのことなので、その価値はあると感じています。

本来、ブルートゥースのリモコン操作に対応した家電であれば、必要のない端末ですが、日本の場合は、リモコンのほとんどが赤外線を利用しているため、この手の赤外線コントローラーが必要なのです。

日本のガラケーや死滅したガラパゴススマホに必須だった赤外線と同様、AIの普及によって、今後はリモコンも赤外線から変化していくかも知れませんね。

スマート家電化と言っても、キッチン付近で利用している「Echo Dot」の周りで、リモコンを利用する機器はほとんどありません。

リビングならテレビ等いろいろありますが、キッチンでの利用となると照明ぐらいしか思いつきませんでした。

ところが、我が家のキッチンの照明は、リモコンのない未だ直管蛍光灯タイプです。

LED化したいとは思っていたので、この機会にリモコン付きのLEDシーリングへと変更しました。

2018-08-02 00.33.40.jpg

そして、いよいよスマート家電化に着手します。

2018-08-01 21.30.46.jpg

赤外線リモコンを統括するのがこいつラトックシステムの「スマート家電コントローラ RS-WFIREX3」です。

本体と電源用のUSBケーブルだけというシンプルな構成ですが、想像していたよりも小さいことで驚きました。

2018-08-01 21.32.09.jpg

手の小さな私が持ってこのサイズ感です。

設定にはスマートフォンを使用するので、先ずは専用アプリをインストールします。

2018-08-02 11.37.12.png

私はiPhoneを利用しましたので、iOS版のスクリーンキャプチャです。

ここで、注意しなければいけないのは、この「スマート家電コントローラ RS-WFIREX3」のWiFiは、2.4GHz帯にしか対応していないので、スマホのWiFiも同じ2.4GHz帯を利用しなければなりません。

同一周波数帯のネットワークである必要があるのです。

なので、最終的に連動させる「Echo Dot」も2.4GHz帯を利用する必要があります。

いつもの様に説明書も見ずに設定を始めた私も、流石にこの手の商品は説明書を見ないと進めません。

2018-08-02 11.41.25.png

どうやら、先ずは家電リモコンを追加することから始めないといけないようです。

これは既に設定し終えた後のキャプチャなので、初回と少し違うかも知れませんが、要は家電リモコンを探すと幾つか機種が出てくるので、今回使用する「RS-WFIREX3」を選択して、アプリ上に家電リモコン「RS-WFIREX3」を追加して、今度はそこに実際にリモコン操作する家電を追加していくのです。

2018-08-02 11.41.52.png

今回、キッチンだけではつまらないので、ダイニングのペンダント照明も操作できるようにします。

但し、ダイニングのペンダント照明も電球はLEDに変更していますが、リモコンの付いたタイプではありません。

2018-08-02 00.32.50.jpg

なので、ちょっと見た目は悪いですが、シーリングソケットの部分に、リモコン機能を追加するアダプターを噛ませてみました。

2018-08-02 00.31.55.jpg

でも、これでばっちり「アレクサ!ダイニングの照明つけて!」に反応してくれます。

もちろん、「アレクサ!キッチンの照明つけて!」にも…。

但し、キッチンの照明が明るすぎるので、暗くしたメモリ照明を登録したいのですが、どうしてもアレクサが受け付けてくれません。

基本的には、どのボタンもリモコンから移行できると思うので、アレクサの指示の問題かなぁと思っているので、ぼちぼち改善していきたいと思います。

今朝も既に奥さんが出掛けた後だったので、「アレクサ!仕事行って来ます!」って声を掛けると「行ってらっしゃい!帰ってきたら、また声を掛けて下さいね!」と送り出してくれました。爆弾
posted by かわいいHERO at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184074229

この記事へのトラックバック