2018年11月27日

貴乃花の離婚に…

スッキリ01.jpg

今朝、通勤時にスッキリに、突然元貴乃花親方が登場しました。

全くの突然の出来事で、司会の加藤浩次氏や水卜アナウンサーも知らなかったようで、スタジオはちょっとしたパニックになっていました。

何故、元貴乃花親方が登場したのかというと、昨日日本テレビが離婚を嗅ぎつけて報道したことで、想像以上の報道になっているからとのことでした。

もちろん、私も離婚にはびっくりしましたが、最近流行り?の「卒婚」には多少、興味があります。

うちも昨年、既に銀婚式を迎えているので、結婚生活の期間で言えば、元親方のところ以上です。

確かに子供達も家を出るようになり、手を離れて来ています。

奥さんとの仲が悪いわけでもなく、一緒に居たいと思うので居るわけですが、我慢していることも多々あります。

時々、堪忍袋の緒が切れてしまうことがありますが、結局は振り上げた刀を鞘に納めてしまっています。

実は、奥さんへの演出の為に市役所に行った時に離婚届の用紙持ち帰ったりもしましたが、結局凄くエネルギーを消費して疲れちゃったり…。

元親方のところは、8歳も年上の姉さん女房ですし、おかみさんとしてやって来られた景子さんは、元フジテレビのアナウンサーで、2年ほど前にはご自分で会社も起ち上げておられます。

充分に自立してやっていける女性です。

ですが、うちの奥さんは末っ子で甘やかされて育ったこともあり、私から見ると駄目駄目です。

外から見ると、一見しっかりしてそうに見られるのですが、専業主婦としても不十分で、パートもすぐに休んでしまいます。

でも、駄目駄目だからこそ、今も一緒に居ることができているとも言えます。

もし愛情から愛が無くなったとしても、情は残るので、そんな駄目駄目な奥さんを放り出すことはできないんですよね。

最近は自由な時間が増え、一緒に過ごすことばかり考えて、休日となると二人でどこかへ出掛けるということが普通になって来ていますが、趣味が必ずしも一緒という訳ではありません。

なので、今後、その部分が乖離するようであれば、「卒婚」という選択も無くもないのかなと思ったりはします。ひらめき

とは言え、私自身はパートナーが不可欠な人間ですし、奥さんも現状は私から離れる気は無さそうですから、余程奥さんが迷走しない限りは、結局はこのまま行くんだろうなという気がしています。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ひとりごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185082260

この記事へのトラックバック