2018年12月08日

HUAWEIはどうにかなるのだろうか?

2018-12-04 22.41.17.jpg

私が手にした最新のガジェット「Mate20Pro」のHUAWEIですが、CFO逮捕の後、我が国も、分解したら内部に良からぬものが見つかったとのことで、政府調達から排除する方針を固めたそうです。

中国、日本の華為排除方針に「重大な懸念」 − ライブドアニュース

良からぬものの実態はわかりませんが、恐らく確信犯的なものではなく、悪用可能程度の部品ではないかと想像します。

不必要にそのような部品が導入されているというのは、情報を守る上では当然に懸念すべき内容だと思います。

しかしながら、今の時代、多かれ少なかれそういう類のものは、ハード、ソフト問わずマーケティングの為という名目で蔓延しています。

なので、機密情報保持という点では、そこも排除しなければなりませんので、政府がHUAWEI製品を排除するというのは、真っ当な対応だと感じます。

ですが、そもそも、これまでも一切政府調達の無かったHUAWEIなので、今後も使用しませんと言っているにすぎません。

HUAWEIの会長は中国の軍人出身で、HUAWEIが中国という国と非常に密接なことを考えると、各国の対応は然るべきとも言えます。

次の記事は、そんなHUAWEIのことがよくわかります。

世界中で警戒されるファーウェイとは何者か − ライブドアニュース

日本のスマホが元気な時代は、タダでも売れないようなキャリアのモバイルルーターなんかを作っていたイメージのHUAWEIですが、その躍進には私自身も驚きしかありません。

でも、私個人としては、スマホは依然「iPhone」がメインであり、HUAWEIはサブ機でしかなく、手にする理由は「LEICA」カメラですから、「LEICA」が今後、HUAWEIと距離を置くことになれば、もうHUAWEIをチョイスすることはありません。

なので、ドイツ企業である「LEICA」に、ドイツやEUがどのような対応を迫るのかが興味深いです。

欧州委幹部、ファーウェイに「警戒必要」 − ライブドアニュース

ネットでは、直ぐに過敏に反応する人々がいるわけですが、モノとして良いものは良いんですよねぇ。

日本政府は元々調達していない中で、このような風向きになると、実はダメージを受けるのはセンサーを輸出しているソニーだったりするのかも知れません。

HUAWEI自体は、何であれ中国という自国の巨大市場があるわけで、そんな風向きは屁でもないのかも知れません。

HUAWEI通知.jpg

こんな状況でも、ツイッターで通知が届き続ける「HUAWEI JAPAN」のツイートには余裕すら感じてしまいます。



それと、最近になってくどいほどテレビCMが流れるドコモの「P20 Pro」も何なの???

急に大量のCM流すので、最新端末だと勘違いして、SIMフリー機の「Mate20Pro」と混同している人が多数…。

まぁ、ドコモと相談したそういう作戦なんでしょうけど、ドコモの今後の対応も変わるのでしょうか?

「Mate20Pro」も「P20 Pro」も、機密情報に関わらない人にとっては、良くできた端末ですから、買える内に手に入れるのも良いと思ったりしますが、結局、何も変わらないのかも知れません。

「Mate20Pro」を楽しみながら、今後の経過を見守りたいと思います。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185164291

この記事へのトラックバック