2019年01月30日

厄介な水道パッキン交換

今朝は特に予定もなく、起き出してリビングでくつろいでいたら、おばあちゃんが宅配便を持って来ました。

それは、アマゾンで注文をしていて予定よりも早く到着した水道の蛇口用のパッキンでした。

わざわざアマゾンで注文するのは、シングルレバー水栓用の特殊なパッキンだからです。

それに、これは我が家の家族が日常的に使っている水栓のものではなく、おばあちゃんのキッチンのものです。

昨年にポタポタが止まらないからなんとかしてくれと言われたものの、ネットで調べてみると、既に販売終了の水栓らしく、部品もその辺のホームセンターでは売っておらず、分解するのに共回り防止の特殊工具も必要なようです。

水が完全に止まらないことで、水道料金が少しだけ余分に掛かっていると思いますが、それさえ、私が負担しているものですから、慌ただしい年末から対応せずに今となってしまったのですが、ようやくアマゾンで部品が調達できたというわけです。

新築間もなく、おばあちゃんの勝手でリフォームして増設したキッチンですが、、無理矢理なのでとにかく狭く、物が溢れているので、流し台下の奥のネジ止めのメクラ板を外して、元栓を閉める所から厄介な作業でした。

シングルレバーを外して、指示通りに分解しようとするも、流し台ステンレスの段差で特殊工具が穴に入らなかったり、準備していたモンキーレンチが、わずかに小さく、ネジが回さないという大問題発生です。

いざとなればパイプレンチで何とかなるだろうと簡単に考えていたものの、そのパイプレンチが何処へ行ったやらで、見つかりません。

仕方ないので、普段使わない収納庫の中から、錆びた工具箱をゴソゴソ探索してみたら、サビサビのモーターレンチ?発見!

IMG_20190130_115631_resize_20190130_115907

サビサビでも、役目は果たしてくれ、特殊工具の問題も回して角度を変えることでクリアしました。

IMG_20190130_115541_resize_20190130_115907

パッキンではなく、シングルレバー水栓のカートリッジ自体の不具合の可能性もあるので、カートリッジとパッキンの両方を新品に交換しました。

水道屋に頼むと、販売終了品ということもあって、水栓ごと新品交換と言われて、3万円程取られるケースがあるようですが、カートリッジとパッキンに特殊工具含めても5千円以内で収まりました。

言いたい事を言っておいて、困った時だけ頼んでくるおばあちゃんには不満はありますが、実の親ですから仕方ありません。ふらふら
posted by かわいいHERO at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣最近の出来事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185463309

この記事へのトラックバック