2019年03月16日

新しい世界へ「GRV」

富士フィルムXシリーズのフラッグシップ機である「X-H1」ですが、先日の大阪クルーズに赤バッジズーム3本と持ち出そうと試みましたが、余りの重さにギブアップして、大きさ重さにネガティブ面しか感じられなくなっていました。

以前はできた「X-Pro2」と「X-T2」の2台持ちも、1台が「X-H1」となると不可能に感じてしまいます。

そんなことから、本来の撮影の楽しさよりも、機器を所有することに満足を求めるという誤った状況を正すべく、当初の「小ささは正義」という初心を思い出しつつあります。

2019-03-15 17.12.07-2.jpg

そんなタイミングで発売がアナウンスされたリコーの「GRV」については、旧型「GRU」の倍近い金額に躊躇しつつも、ずっと気になっており、先のクルーズの帰りには、ヨドバシ梅田に寄って、カタログをゲットしておりました。

2019-03-15 17.12.54.jpg

でも、コンデジはソニーの「RX100M3」があるし、スマホの「Mate20Pro」で広角単焦点の「GRV」に出番なんてないんじゃないかという心配もありました。

ですが、ペンタキシアン(ペンタックスカメラの愛好者)まではいかないまでも、次男坊に譲ったとはいえ、私もペンタックス機を使用していたわけで、何よりも、フィルム時代の愛機がまんまのリコーだったわけですから、リコーのGRが気にならないわけはありません。

デジタル時代のカメラに興味を持ち始めて、必然的にGRにも興味はいっていたわけですが、当時は広角に興味が無かったことで、その本質を見誤っていたようです。

ですが、満を持して昨日発売となった「GRV」は、過去のモデルからユーザーの意見を取り入れて新たに再構築され、むしろ新たにGRの世界に足を突っ込む者としては、この上の無いモデルと言えます。

ということで、私の手元にもやって来ました。

教育費で余裕のないこともあり、今回は、仕事用のコンデジとして導入させてもらいました。たらーっ(汗)

2019-03-15 17.13.30.jpg

予約をして発売日に入手ということで、

2019-03-16 07.51.49.jpg

特典である非売品のブルーのリングキャップも同梱されていました。グッド(上向き矢印)

2019-03-15 17.16.23.jpg

スイッチを入れて、まずその起動の速さに「最強のスナップシューター」を実感します。ひらめき

2019-03-15 17.17.38.jpg

早速、ブルーのリングキャップを装着したことで、「GRV」であることが主張されます。ぴかぴか(新しい)

2019-03-15 18.53.14.jpg

ネットを見ていたら、ツイッターで「わさお公式(@WASAO_official)」さんも発売日に導入されたようですねぇ。わーい(嬉しい顔)




残念ながら、我が家はゴンタ君が旅立ってしまったので、被写体が…もうやだ〜(悲しい顔)

2019-03-15 18.54.47.jpg

ということで、会社でちょっとだけ試写しました。

R0000001.jpgGRV

手っ取り早く机の上のモトGPマシンのフィギュアを撮影してみましたが、パッケージのままなので、うまく伝わらないですね。

R0000002.jpgGRV プログラムモード

次いで観葉植物の鉢の上の小人人形。

R0000003.jpgGRVプログラムモード

ガラス造花の手前のブリザードフラワーを。

R0000004.jpgGRV プログラムモード

これらはマクロモードでフォーカスも素早く決まります。

R0000005.jpgGRV プログラムモード


残念ながら、解像感を検証できるような被写体がなく、ボケを強調するものばかりですが、解像感もすごいようです。

大きなAPS-Cセンサーで、ボケも「RX100M3」には出せないもので、「Mate20Pro」のフェイクとも全く異なる、素晴らしい写りです。

それぞれに個性が違い、共存は可能と思わせてくれますが、「GRV」はむしろ一眼を喰うような気がしていて、一眼ミラーレス&広角とスナップ担当が「GRV」という体制が期待できるのではないかと思っています。

それにより、一眼の整理が捗るのではないかと期待しているのですが、先日の第2回オフロードレッスンでは、車ということで、「X-H1」&赤バッジズームで撮影したところ、ピントはばっちり、歩留まりも最高で、また迷いが生じています。

よって、「GRV」で初心に帰って苦手な標準的な広角を勉強しつつ、並行して整理していきたいと考えています。ダッシュ(走り出すさま)

ちなみに、「GRV」に未だSDカードを入れ忘れているのですが、メモリを内蔵しているので、そこそこは撮れるというのも、そういうシーンに遭遇すると素晴らしいと感じますが、発売されたにも拘らず、スマホアプリの対応アップデートが4月下旬というのはいただけません。

リコーはユーザーに寄り添うメーカーのイメージですが、包容力が無いと不満を感じてしまうメーカーでもあると思います。

でも、好きですね、リコー&ペンタックス。るんるん
posted by かわいいHERO at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣コンデジ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185720547

この記事へのトラックバック