2019年05月16日

10歳ユーチューバーに関する違和感

昨日、朝の情報番組「スッキリ!!」で10歳ユーチューバーについて取り上げられていました。

その中で、3年前にご主人を病で失くしつつも、お二人のお子さんを育てておられる女優の須藤理彩さんの言葉は、とてもしっくりと来るものでした。

須藤理彩、10歳YouTuberの話題で熱弁「親の務め」 娘がいじめで不登校 − マイナビニュース

自身の娘さんの不登校を経験しておられての言葉はとても重みがありました。

一方で、この話題を取り上げた「スッキリ!!」には、疑問が残ります。

それは、問題の背景が見えなくなっているというところです。

積極的にYOUTUBEを見ることのない私は、ユーチューバーと言えば、昔子供が夢中になっていたヒカキンとカメラ関係のガジェット情報で見かけるジェット大介さんだったか位しか知りません。

あとは、問題になってニュースで名前を知る程度で、この10歳ユーチューバーも、ホリエモンやダルビッシュ有投手が賛同しているという記事で初めて存在を知りました。

もう少し突っ込んで調べてみたら、父親は大阪府茨木市出身の心理カウンセラーとあり、ご近所ということで更に興味を惹きます。

で、わかったのは長女の存在。



どうやら、当初はこの長女中心での沖縄移住計画だったものを、長女が逃げ出したことで、もう長女の存在が無くなってしまっています。

「スッキリ!!」でも、子供4人の家族6人で移住と紹介されていましたが、本来は子供5人の7人家族なのです。

長女は、現在は多分18歳ということで、父親のブログでも自立したと書かれているので、自立したから家族の頭数から外したという理屈なのでしょう。

でも、私なら現在の自分の状況をおばあちゃんを除く家族6人の内、就職と大学で家を出た2人を除く4人と書いてしまいます。

もちろん、簡潔に紹介する上で、ややこしい部分はカットすることもあるとは否定しませんが、この10歳ユーチューバーの不登校問題は、親の資質も大いに関わってくるわけで、家族構成というのはとても重要な情報であるはずです。

にも拘らず、長女の存在なしで議論させる「スッキリ!!」というか日本テレビは非常に問題があると考えます。

石田さんちの大家族なんかでは、成人してもいつまでも家族扱いなくせに…。

世論という意味では、情報操作にもなりかねない情報不足となり得ます。パンチ

親の子育てという背景抜きに、未だ子供である10歳ユーチューバーについて議論したところで、全く意味がないですし、結果親の目論見通りの話題からの人気となっているような気がします。ふらふら

長女のツイッターを見ていると、若い女の子が東京行くためにヒッチハイクするってこと自体、危機管理のできていない状態だったと見受けられますので、自立という言葉が私のものとは意味が違うことは容易に想像できます。たらーっ(汗)

「自立」という言葉は非常に便利な言葉であり、必要な手を放しても「自立」という言葉で解決してしまう怖いところがあります。

我が家の場合は、うちの奥さんが自立できない系のお嬢様タイプ(本当のお嬢様ではない)なので、放任主義で育った私からすると、過保護すぎて問題だとは感じてはいますが、もし、私単独の考えの放任主義で子育てをしていたら、みんな選択肢の少ない人生になっているだろうと思います。

私自身も、奥さんの方針というか、気まぐれ子育てが無ければ、経済的にもっと余裕があったのは間違いないのですが、文句を言いながらも敢えて頑張って来たのは、そうすることに意味がない訳ではないと感じていたからです。

奥さんからの要求を一蹴することだってできたわけですが、そこは父親の義務だと思ってやって来ましたし、だからこそ頑張れているのかも知れません。

で、何が言いたいのかと言えば、10歳ユーチューバーの両親は、努力をしてきたのかに疑問を感じるのです。

心理カウンセラーという肩書があるくらいですから、自分の子供を操ることは何でもないことでしょう。

これが、本当に10歳ユーチューバーの問題なのか、子供を利用した親の問題なのかで答えは全く違ってきますから。

ユーチューバー自体は、成功している方も居るので否定はしませんが、不安定な狭き門であるのは間違いない訳で、そこにチャレンジすること自体は悪いとは思いませんが、その為にも学校で学ぶべきことがたくさんあると思います。

チャレンジするのは勝手ですが、学校教育を批判だけして、結果、貴重な未来の人材を大量スピンアウトさせることにならないことを切に願います。ダッシュ(走り出すさま)

真実を知っているわけでもなく、言葉では上手くまとめられませんが、4人の子供を育てる中では違和感があり、つい、書いてしまいました。爆弾
posted by かわいいHERO at 12:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題
この記事へのコメント
義務教育をシカトして、正論がって言える日本って平和と思いつつも、この手のが増えないことを祈りますよ。
社会を回すのが国民の義務だから。
Posted by ヒロポン? at 2019年05月16日 20:23
>ヒロポン?さん

義務教育という有り難い制度の意味を理解せず、義務教育が無い場合の不幸を考えられないのは、まさに平和ボケなんでしょうね。
Posted by かわいいHERO at 2019年05月17日 00:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186005471

この記事へのトラックバック