2019年05月18日

iPhoneの急速充電

iPhoneを使用している方は多いと思いますが、「出掛けるのにうっかり充電するのを忘れていた」とか「充電していたつもりが、スイッチ付きテーブルのスイッチがオンになっていなくて充電できていなかった」等様々な理由で充電不足の状態に陥った経験は一度や二度はあるのではないでしょうか?

モバイルバッテリーで充電をするという方法もありますが、モバイルバッテリーの重さも負担だったり、モバイルバッテリー分を合わせて外出時に必要だという方もいらっしゃるかも知れません。

我が家でも、頻繁に動画や音楽でiPhoneを使用している子供達は、出掛ける間際に充電しているところを目にしました。目にします。

こういう時には、短時間で充電できるならばそれに越したことはありません。

先日、iPhoneでは非公式ながら「iPhone7」から急速充電には対応しているという情報を目にしました。

そして、「iPhone8」以降では、公式に急速充電への対応がアナウンスされています。

ということで、自宅に急速充電の環境を作りたいと考えました。

それには、「USB PD」という規格を利用することになります。

「USB PD」というのはUSB(ユニバーサル・シリアル・バス)PD(パワー・デリバリー)の略です。

そして、「USB PD」には、楕円形でどちらの向きにもさせる「USB-TypeC」のプラグ&ソケットが使用されます。

iPhoneのケーブル規格は独自の「Lightning」ですから、「Lightning」を「USB-TypeC」に変換する必要があります。

これについては、アップル純正オプションとして一方が「Lightning」で反対側が「USB-TypeC」となったケーブルが販売されています。

apple_usbc01.jpg

また、当然にACアダプターもあります。

apple_usbc02.jpg

この画像ではわかりませんが、ソケット部分は下のような「USB-TypeC」の楕円形となっています。

apple_usbc03.jpg

また、モバイルバッテリーで有名な「Anker」のバッテリー内臓アダプターもアップル限定として、アップルにて購入可能です。

apple_usbc04.jpg

魅力的ではありますが、ちょっと高価ですね。

アップル製品を扱う家電量販店を見に行ったのですが、アダプターどころかケーブルさえも置いていませんでした。ふらふら

でも、サードパーティ製の「USB PD」規格のACアダプターがありました。ひらめき

2019-05-18 16.43.42.jpg

多摩電子工業の製品ですが、パッケージには「約30分で50%まで充電できる(iPhone]を0%充電した場合)」と表示されています。

別途、ケーブルが必要ですが、こちらも「USB PD」対応として多摩電子工業の製品がありました。

2019-05-18 16.45.02.jpg

もちろん、この通り「Lightning」⇔「USB-TypeC」のケーブルです。

2019-05-18 17.12.40.jpg

価格は、アップル製品よりも各200〜300円程度安いだけでしたから、個人的には買えるならばアップル純正をお勧めします。

2019-05-18 16.43.21.jpg

ACアダプターについては、純正、多摩電子工業共に18W以外に30Wがあり、上記の「Anker」のバッテリー内臓アダプターも30W対応ですが、iPhoneの5Vの場合には、3Aでの充電となるようですので、18Wも30Wも充電能力は同じです。

でも、後から気が付きましたが、対応の「iPad」の場合、15Vで2Aの30Wで充電できるようなので、アダプターは30Wにすべきだったか…。爆弾

なお、HUAWEI「Mate20Pro」についても「USB PD」対応で、9Vで2Aの18Wでの充電のようなので、これでOKみたいですが、こちらは「USB-TypeC」⇔「USB-TypeC」のケーブルがないと「USB PD」で充電できないことを失念していました。パンチ
posted by かわいいHERO at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣周辺機器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186016044

この記事へのトラックバック