2019年07月31日

オルビスの水が出ない⁈

オルビスでの川崎滞在中、帰りのナイトドライブに備えて、コンタクトレンズを外そうとオルビスのシンクの蓋を開けると、蛇口のレバーが中途半端な位置で止まっていました。

誰かが下げ忘れたのかと思ってレバーを上げるも水が出ません。

ウィーンという音はするものの水は出ずで、とうとうポンプが故障したようです。

誰が下げ忘れていたのかという問題はありますが、ポンプの故障は必ずやってくるという認識ですから、犯人探しをしても仕方がないと思ってそのまま誰にも言わなかったのですが、結局誰からも水が出ないという言葉は聞かれませんでした。

夜中にオルビスを走らせながら、予備のポンプを買っておこうと思いながらも行動に移せていなかったことを反省しつつ、帰宅後、一眠りしての出社前に、ブラックタンクの処理をした後、グレータンクの排水をしたところ、異常に排水が多いと感じました。

そこで、ひょっとしたら給水タンクの水が空になっているのか?と思い、タンクに少し給水してから蛇口のレバーを上げてみました。

しかしながら、やはりウィーンという音だけで水が出ませんでした。

ちょうど、このタイミングにmixiのキャンプングワークスコミュニティで、オルビストの「こむてっく」さんが温水タンクのポンプが故障したと報告されており、オルビストのサポート師匠「かむぱぱ」さんから教わったというアマゾンの汎用ポンプの画像をアップしてくれていました。

それを見て、私も早速2個注文しました。

IMG_20190731_102224_resize_20190731_152516

そんな昨日注文したポンプが、今日の午前中に到着したので、早速作業開始です。

IMG_20190731_102657_resize_20190731_152516

既に軽ーく30度を超えているので、作業はエアコンで涼しい中行います。

IMG_20190731_102621_resize_20190731_152516

我が家のオルビス・イオの給水タンクは、温水タンクと隣り合わせでサードシートの下にあります。

IMG_20190731_102757_resize_20190731_152516

一番奥がシンクのポンプらしい。

IMG_20190731_114557_resize_20190731_152516

早速、タンクの蓋を開けますが、たっぷりのシリコンシーリングで固められていて、皆さんここで苦戦されているようです。

カッターナイフでシーリングをカットしていきますが、ボルトを中心とした3〜4cmほどをカットすることになるので、なかなか大変な作業です。

IMG_20190731_115617_resize_20190731_152516

カッターの刃が折れてしまいました。

安物の工具セットに入っていた最近のカッターナイフは、押してスライドして刃を出すタイプなのですが、扱いづらい。

IMG_20190731_115703_resize_20190731_152516

そこで、オーソドックスな回転して固定するタイプに変更。

IMG_20190731_115716_resize_20190731_152516

シリコンが詰まって刃が滑りにくいので、サラダ油で滑りを良くしてみました。

IMG_20190731_122331_resize_20190731_152516

ボルトとボルトの間で一番カッターを入れやすい部分を先ずカットして、そこにドライバーをねじ込んで浮かせて伸びたシリコンをカッターでカットしていくと、比較的スムーズに行きました。

ポンプ設置側はスペース的にカッターが入れにくかったですが、最後は力任せに…。

IMG_20190731_124433_resize_20190731_152516

タンクの中にシリコンのクズが落ちているだろうなぁと思ったら、やっぱり落ちてました。

IMG_20190731_124625_resize_20190731_152617

ある程度すくって、残りは排水して水を入れ替えるので良いでしょう。

IMG_20190731_124635_resize_20190731_152617

さて、問題のポンプを確認しますが、その前にタンク内の水が少ないことに気がつきました。

昨日の帰宅後、テストの為に少し給水したことを考慮すると、給水前はやはりタンクが空だった可能性があります。

そうだ、蛇口のレバーを上げた状態でポンプの稼働状況を見てみようと考え、レバーを上げてポンプが動いている状態で、蛇口を少し口で吸った後、ポンプの吸水口付近に手も漬けると、「んんっ?吸ってる??」

IMG_20190731_130559_resize_20190731_152617

外見上は異常は見られないと思っていたところ、しばらくしたら蛇口から水が出始めました。

IMG_20190731_124928_resize_20190731_152617

どうやら、ポンプ自体は駄目にはなっていなかったようです。

改めて考察してみると、私がシンクでレバーが中途半端な位置で止まったていたことを確認していることや、グレータンクの排水量が想定以上に多かったことからすると、誰かがレバーを下ろし切らずに水が少し出た状態で放置されたことにより、給水タンク内の水を使い切ってしまって水が出なくなったのではないかと想像できます。

今回はサービスエリアメインの高速道路往復旅行であったことから、水はほとんど使わない前提で準備していました。

完全に水がない状態でポンプが稼働していたことから、ホース全体にエアが入り込み、給水タンクに水を補給したところで、蛇口へ水が到着するまでに時間を要し、確認できなかったのかも知れません。

もしくは、蛇口から口で吸い上げることで給水可能状態となった可能性もありますが。

水が出っ放しになっていたとしたら、よくポンプが駄目にならなかったものだと思います。

犯人は娘かおばあちゃんでしょうが、ちゃんと下ろし切るよう注意喚起はしなければなりません。

IMG_20190731_140036_resize_20190731_152617

クリアのシリコンシーリングがなかったので、ホワイトですが過剰になり過ぎないように盛りました。

今回の件でポンプが酷使されたなら、いつ寿命が来てもおかしくないわけで、また、すぐに開けなければならない可能性もありますから。

結果的には無駄な作業ではありましたが、予行演習と思えば意味のあることであり、予備のポンプも用意できましたし、作業の勝手も理解できましたから、これでいつでも対応可能です。

何より、水が使えるようになったので、結果オーライです。
posted by かわいいHERO at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>水関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186352367

この記事へのトラックバック