2019年08月07日

キッチンキャビネット新調

増えるキッチン家電の置き場なく、ダイニングテーブルを占領するようになっていましたが、ネスカフェドルチェグストの導入で、とうとう思い腰を上げました。

そして、本日ようやく配達となり、数日前から準備に掛かっていました。

ニトリで購入したのですが、無料の配達の場合、時間の指定ができず、前日にSMSで配達予定時間帯としての2時間を知らせてもらえるのですが、それがお昼の12時40分から2時40分ということで、お昼ご飯を食べる訳にもいかないので、午前中に市のグリーンセンターに整理した食器や不要品を捨てに行きました。

IMG_20190807_130403_resize_20190807_215643

食器も全てダイニングテーブルへ出して、準備万端の中、ようやく配達の方が来られました。

無料だと玄関渡しになるということで、1000円で2階のダイニングまで運んでいただき、別料金ですが、古い食器棚も引き取ってもらい、私は汗ひとつかかずでした。

IMG_20190807_154551_resize_20190807_215643

キッチン家電類を置いてこうなりました。

家具自体も古くさかったので、スッキリしました。
posted by かわいいHERO at 22:53| Comment(4) | TrackBack(0) | ┣最近の出来事
この記事へのコメント
ウチも去年同じようなキャビネットから、ニトリの同じシリーズの同じ白色のキャビネットに交換したんですよ。
同じく20年。
家の壁は大丈夫ですか?
確か同じ三井木材のサイディングでしたよね。
ウチのは反りが酷くなって部分壁交換だけで、見積もりで発狂状態ですよ。

ホント頭痛い。
Posted by ヒロポン? at 2019年08月08日 20:05
>ヒロポン?さん

>同じく20年。

うちのは建て替え前から親世代が使ってたものだったので、30年以上かも知れません。キッチンには自分で買った20年ものがありますが、未だ使います。

>確か同じ三井木材のサイディングでしたよね。

そうです。
ヒロポン?さんのブログ見てちょっとびっくりしました。
チョーキング状態では、防水性なんて期待できないですから、クレームものじゃないのって思いましたよ。
うちは2年後なので10年は経ちませんが、断熱性を謳った塗料だったせいか、紫外線にも強いみたいで未だに表面はテカテカツルツルです。
仕事で付き合いのある塗装屋さんというのもあるかもですが、かなり厚く塗り固められている感じです。

うちもダイワハウスからしつこく建物調査やらリフォーム案内が届きますが、高く付くのでスルーしています。

オルビス乗りのtakekidさんも同じサイディンングらしいですが、塗装をどうされたのかは聞いていません。
Posted by かわいいHERO at 2019年08月08日 20:54
サイディングの反りについては、正直サイディングの選定が失敗だったとちょっと諦め気味です。
そのまま放置するか、部分的に変えるか、全面交換か、悩ましいのですが、
家の基本性能を保持するならケチれないんですよ。とりあえずボラれておきますよ。
Posted by ヒロポン? at 2019年08月09日 08:18
>ヒロポン?さん

>サイディングの反りについては、正直サイディングの選定が失敗だったとちょっと諦め気味です。

未知数の建材ですから仕方ないですよね。

でも、業界トップとなったニチハなんかでも数年したら薄いタイプが消滅してましたから、強度不足で割れが発生した建売なんかが多かったんだと思います。

サイディングのそり自体は、水の侵入によるものですから、ほぼシーリングだと思いますので、どのサイディングでも水の侵入を許せば反ると思います。

シーリングについては、耐用年数が短い上、施工技術に左右されるので、5年程度でも隙間が空いてしまっている建物を目にします。

我が家は、打ち直しを行ったうえで、上から塗装する方法を選択しました。

極端な話、見た目を気にしなければ、隙間を自分でコーキングするだけでも水は防げますよね。

全面張り替えのコストがどの程度なのかはわかりませんが、私なら、反った部分の張り替えの上、強固な塗装が現実的な様な気がします。

同じような模様のものなら塗装すれば気にならないのではないでしょうか?
Posted by かわいいHERO at 2019年08月09日 09:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186383723

この記事へのトラックバック