2019年08月07日

作業と言えるほどのものではないが…

このお盆休みは、オルビスで川崎在住の長男を拾うことになりましたが、長男は、今年のゴールデンウィークにもフルに帰省していて、香川県へのキャラバンに同行しました。

その時に、走行中にダイネットでテレビが見れない状態だったことから、その後、テレビ関係の配線を見直しました。

出掛け損なってオルビスのテレビ配線再考

そして、現在では停車時、もしくは走行時にも以前から使用しているパナソニック製チューナーで視聴可能となっていて、別途で走行中のナビのチューナーの映像をダイネットのテレビにも映るようにして、先日の娘とおばあちゃん同行の川崎行きでも、活用することができました。

何故、ナビからの映像が必要かと言えば、走行中はテレビからの音声では音が小さく聞き取り難いようなので、ナビのチューナーからの映像なら、車のスピーカーを利用できて聞き取りやすいのです。

現状は、一応切替できるようにしたわけですが、テレビの黄色いコンポジットケーブルを抜き差しして切り替えなけれいけないということで、スマートではありません。

IMG_20190807_210034_resize_20190807_215643

それに、誰でも切替ができるようにと、これを使います。

IMG_20190807_205906_resize_20190807_215643

アナログのAV切替機と黄色いコンポジットケーブルです。

ケーブルは映像の黄色だけで良いので、赤白黄色のケーブルから黄色だけを剥ぎ取りました。

IMG_20190807_205949_resize_20190807_215643

裏に強力な両面テープを貼って、テレビの裏の壁に貼り付けました。

IMG_20190807_210922_resize_20190807_215643

これで、運転中でも、後ろの人間にボタンを押すことを指示するだけで切替が可能となりました。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>備品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186383951

この記事へのトラックバック