2019年08月30日

無駄を覚悟のDIY

来週の保護ねこちゃんの受け入れに備えて、準備したアイリスオーヤマの3段スリムケージですが、猫ちゃんの居場所である棚板が、ただの板なので、子猫が滑り落ちないか心配です。

そこで、ホームセンターでカットできるカーペットマットを買って来て、棚板サイズにカットしました。

2019-08-29 23.04.21.jpg

これを強力な両面テープで棚板に貼りつけて、先ずは重要な快適化が完了です。

2019-08-29 23.32.17.jpg

ここまでは良いのですが、他にも気になっていることがあります。

それは最下段に置いているフード付きトイレです。

2019-08-29 23.33.38.jpg

場所を取らないスリムタイプのケージをチョイスしたので、1階はトイレだけでいっぱいいっぱいです。

また、2階の棚板は少し高いので、子猫にその高さが飛べるのか?という心配もあって、トイレフードが台として活用できるかなと目論んでいたのですが、丸く滑りやすいフードは不安定なので、フードの上にもう1段棚板を付けるつもりで、アルミ板を用意していました。

でも、いざ取付作業に掛かろうかという状況で、三男坊が「大きくなったら狭いんじゃない?」というのを聞いて、確かに大きくなってこれぐらいの高さが問題ないのであれば、逆に棚が邪魔になります。

まぁ、その時には棚板を外せば良いだけですが、子猫の時だけの使用で将来は取り外す前提なら、もう少し簡易的なもので良いと考え直しました。

そこで、身の回りを探して、捨てる予定だった板を結束バンドで取り付けてみました。

2019-08-30 01.41.59.jpg

ちょっと不細工ですが、結束バンドをカットした部分で猫が怪我をしない様、ガムテープで覆っています。

2019-08-30 01.42.42.jpg

そこに先ほど棚板に貼ったものと同じカーペットマットの切れ端を貼りつけました。

フードが支えになって、板が落ちることはありません。

2019-08-30 01.40.18.jpg

実はこの板は、ディアゴスチーニの冊子用バインダーの表紙でした。

スターウォーズに釣られて、バインダー付きの安い創刊号だけ買ったパターンですね。

捨てるつもりで不用品の中に入れていましたが、下手なベニヤ板よりも硬くて、子猫ぐらいじゃ問題なしです。

おまけにバインダーの折り目が良い仕事をしてくれますので、デオトイレを出し入れする際にも問題になりません。

あとは、トイレのフードから1階へ降りるのにスペースが狭く急であることから、同じく捨てる予定のものの中から、適当な箱を見繕って、組み合わせて階段を作ってみました。

2019-08-30 01.41.00.jpg

子猫と言っても、もう3ヵ月なのでこれくらいの高さは平気で乗り降りできるのかも知れないと思いつつも、できなかったらと心配してしまい、こういう形となりました。ぴかぴか(新しい)

でも、これでトイレ使ってくれなかったらどうしよう…がく〜(落胆した顔)
posted by かわいいHERO at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣マイブーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186491997

この記事へのトラックバック