2020年03月05日

タイ入国に関する無責任報道

昨日の夕方、タイ旅行のため帰宅した次男坊は、出発が早朝ということで、夜の内に一緒に行く友人と合流すために家を出ていきました。

Twitterで「タイ 入国」と検索すると、未だ例の日経の隔離義務報道を鵜呑みにして、タイには入国できないとか、外出ができないと信じて、その嘘の情報をまた拡散しているという状況です。パンチ



このツイートの情報が全てなのでしょう。

なので、デマということでもないわけですが、日経は訂正することも無く、誤った情報が広まり続けています。



昨晩のNHKは正しく報道していたようですね。

結局のところ、これまで同様2月27日にタイ保健省から発表された以下(外務省海外安全ホームページより抜粋)が最新ということになります。

---------------------------------------------------------------
タイ保健省の発表は以下のとおりです。

タイ王国と新型コロナウィルス感染症の感染地域との間を出入国する市民に対する協力の要請。
(在留邦人に関連する部分のみ)
・渡航の後,空港等の検査場での渡航者の検査と保健省の病気管理予防措置を厳格に守ることに協力を求める。検査場での検査で症状がある場合には,治療のために所定の病院に移送されなければなりません。

・空港等の検査場での検査で症状がない場合でも,14日間,自宅やホテル等で症状を観察するよう協力をお願いします。その間,ショッピングセンター,映画館,学校,電車などの人が混み合う公共の場に行くことは避け,コップ,スプーン,タオルなどの物を他者と共有せず,手洗いを励行し,咳やくしゃみをするときは口と鼻をふさぐなど,衛生的な振る舞いを心がけてください。

・感染地域から帰国後の14日以内の間,熱,咳,くしゃみ,鼻水,のどの痛みがあれば,マスクを着用し,手洗いを励行し,自宅近くの病院で医者に渡航歴を告げ,診察を受けてください。
------------------------------------------------------------------

14日間の自宅やホテル等で症状観察が「義務」ではなく「協力要請」というところで大きな違いが出ます。

現地に居住する日本人の方からすると、来ないで欲しいというのが本音のようですが、観光でお金を落として欲しいと考える部分が、「義務」に踏み込めないというところでしょう。

もちろん、何時「義務」に変わるかわかりませんし、「義務」でなくともむやみに出歩くなという意見も理解はできますが、現実問題として、滞在が3.4日程度の短期旅行者の入国を受け入れているわけですから、観光をするなというのは矛盾しています。爆弾

日経の報道を鵜呑みにして、タイ旅行を諦めたという方のツイートも見かけますが、簡単に払ったお金を諦めろというのも酷な話だと思います。ちっ(怒った顔)

実際、次男坊がツアー主催のJTBに電話で確認しても、飛行機は飛ぶし、有名な観光スポットも閉鎖されたりはしておらず、観光客には関係ないと説明されたらしい。

まぁ、その旅行会社の説明もどうかとは思いますが、実際に入国禁止等の措置が無ければ、ツアー料金が返ってくることもないので、「日本がもっとコロナに染まって入国禁止になれば良い」というような、不謹慎なツイートも見られました。ふらふら

タイの方々にも、日に日にコロナウィルスへの恐怖が広まっているようですから、日本人観光客に対して冷たい対応なんかもあるようですが、そこは、日本人が外国人に対して警戒するということと同じですから、日本へ来る外国人に対する対応というのも、考える機会になるでしょう。

現地の方の心情に配慮しながら、観光を楽しんできて欲しいものですが、さて、どうなることやら?

まぁ、次男坊の大学には、アジアの留学生が多く、先日も成績優秀な中国人留学生の先輩とUSJに行ったり、仲の良い同級生?が香港からの留学生だったりするので、その辺りは大丈夫だろうと踏んではいますが…。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187233073

この記事へのトラックバック