2020年03月16日

今頃の「半分、青い。」レシピ

昨日はのんびり過ごす中、午後から奥さんが朝ドラ「半分、青い。」を観始めました。

私が観ていたのを観るうちに、面白くなって最初から観始めたのですが、夕食の準備をしながらiPhoneやiPadで観ていましたが、ここのところ停滞していました。

朝ドラの一気見あるあるです。

ですが、私の知らないところでまた再開していたようです。

私も好きなドラマとなったので、一緒に観ていました。

そして、一旦区切りを付けた時に「今晩の夕食は何?」と聞くと、「トンテキ用のお肉をどうしようかな…」と言います。

その直前、ドラマの中でつくし食堂のふわとろカツどんを観たところなので、私も奥さんも頭の中にはそのカツどんが…。

偶然にもトンテキ用の豚肉となれば、顔を見合わせてそれしかないでしょうってムードになりました。

つくし食堂のふわとろカツどんと言うのは、主人公すずめとその娘のかんちゃんが実家に戻ったら、二人の後ろにある看板にある通り、実家であるつくし食堂で、弟草太が発案したメレンゲを使ったカツどんです。

tsukusikatsudon01.jpg

ブッチャー君も食べていた、このカツどんのことです。

tsukusikatsudon02.jpg

劇中では、行列ができるほどの人気メニューになっていて美味しそうなので、奥さん興味津々でその晩の夕食となりました。

世間的には今頃…ですが、そんなことは関係ありません。

カツは奥さんが揚げてくれたので、私はメレンゲづくりとそれを使った出汁のふわとろソースを担当。

2020-03-15 20.35.44.jpg

中濃ソースが無いので、とんかつソースとウスターソースを混ぜて対応。

2020-03-15 20.40.32.jpg

メレンゲが上手くまとまらないので、見た目はアレですが、一応形になりました。

三つ葉が無いので、ネギで色の帳尻だけ合わせました。

2020-03-15 20.42.40.jpg

黒コショウで仕上げです。

普通のカツどん好きの私としては、多少違和感があるものの、普段カツどんを食べないソース派のうちの奥さんには、良かったみたいです。

子供達も美味しいと言っていましたし、何より食べたことのない新鮮なメニューで良かったのですが、手間を考えるとリピートはあるかどうか???

でもこれ、メレンゲのせいか、お腹が膨れて満腹感は相当でした。

世の中コロナ旋風の中、こういう家めしも良いですね。るんるん
posted by かわいいHERO at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣クッキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187278144

この記事へのトラックバック