2020年04月14日

銭湯とスーパー銭湯

キャンピングカーに乗っていると、日帰り温泉等の入浴施設は重要です。

緊急事態宣言が出ている現在は、キャンピングカーがあると言っても何処にも出掛けることが出来ませんが、コロナが終息すれば、島根県の三男坊の所にも、早々に向かいたいと考えています。

そこで、日本RV協会のくるま旅クラブで、良い施設が無いかと思い、マップを見てみました。

tokyosento02.jpg

でも、松江付近では一番近いところで、足立美術館の真ん前という温泉ですが、電源も無く夜間も閉鎖されるということなので、道の駅で良いかと思ってしまいます。

しかしながら、更に西へと向かい、キャンサスハイスペックでお世話になっているスマイルファクトリーのある益田辺りには少しありました。

一度、オルビスのキャンサスも診ていただきたいと思っているので、目についた「RVパーク美都温泉」をチェックしてみました。

RVパークなので、電源もあって良さげですが、どうやら現在コロナウィルスの件で温泉はお休みしているようです。

tokyosento03.jpg

まぁ、地方でお年寄りも多く、立ち寄るのは都会からの人が多いでしょうから、万が一に備えておられるのでしょうね。

こんな場所の温泉が休業しているということは、我が家の周りの温泉施設は一体どうなってるのかと調べてみると…

大阪府の「箕面スパーガーデン」と娯楽施設が併設された「水春」、兵庫県のショッピングセンター「つかしん」に併設された「湯の華廊」については休館しているようですが、大阪府のすみれの湯や万博おゆば、兵庫県の宝の湯については、時間短縮やイベント中止だけで、営業しているようです。

温泉施設以外の状況で、何となく線引きできているような気もしますが、ちょっとあいまいに感じます。

そんな中、東京都が営業自粛を要請する業種がわかりにくいとの指摘を受けて、具体的な業種を一覧表にしています。

それを見ると…

tokyosento01.jpg

スーパー銭湯は自粛対象で、銭湯は対象外となっていますね。

自宅にお風呂の無い方には、銭湯は生活に必需となるので、理解できますし、東京都はしっかり「※物価統制令の対象となるもの」という区別をしているようです。

それからすると、大阪府、兵庫県の時短等で営業中の施設も営業自粛を求めることになりますが、これはあくまで東京都の要請内容ということなので、大阪府、兵庫県は別扱いとなるのでしょうか?

大阪府と兵庫県も、早急に具体例を提示してもらいたいものです。

でも、私が個人的に納得がいかないのは、自動車教習所の自粛要請に対して、免許取得期間の猶予措置が取られていないことです。パンチ

これは、自粛要請とセットであるべきものですが、何故放置なのでしょう?

また、陸運局の車検についても、3月については早々に延長措置を謳っていたにも拘らず、緊急事態宣言の出ている今月について、延長措置のアナウンスが無いと言う、なんともお粗末な現状のようです。ふらふら

安倍首相についても、星野源氏との勝手コラボで批判を浴びるのではなく、大阪府の吉村知事の様に、健康を心配してもらえるような行動を見せて欲しいところです。ちっ(怒った顔)
posted by かわいいHERO at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187380564

この記事へのトラックバック