2020年04月25日

自粛でネタ無し

ブログのネタが無いので、ついついニュースにばかり目がいってしまいます。

大阪府の休業要請に応じないパチンコ店の公表に対して、6店の内2店が休業することを連絡してきたそうです。

しかしながら、他の4店については聞く耳を持たずで、そこに県外を含めたどうしようもないパチンカー300人が行列を作ったことで、公表に対しての批判をする人もいます。

でもね、よく考えてみれば、これしか出来ない様に法律がなっているわけで、法律自体が問題であるわけです。

かと言って、これをそのまま公表もせずに放置した場合、何も変わることなく、その法律の問題点にもぼやけてスポットが当たりません。

ですが、公表したことで先ず2店舗が休業を決断したことは大きいですし、こうして、問題を絞っていくことで、自分の事しか考えないパチンカーに怒りを覚える人が増え、こういう人を制御するにはどうするべきかを考えた結果、法律の改正の必要性を皆が肌身に感じるということの効果があるように思います。

もう、ここに集まるパチンカーは何を言っても聞かない連中なわけですから、自身の身の安全を思うなら、こういう人たちとは付き合わないことです。

そして、営業を続けるお店に対しての擁護も考え直す必要があるのではないでしょうか?

こういうお店は、いざという時にお客を守ってはくれないということを肝に命じましょう。

また、パチンコ店のみに要請が強まっていますが、個人的には、明確に銭湯と区別されているにもかかわらず、未だ営業しているスーパー銭湯にも違和感を覚えています。

「彩都天然温泉すみれの湯」と「上方温泉 一休」については、どうしても疑問を感じてしまいます。

どちらも嫌いな施設ではありませんでしたが、他の好ましい施設の取られた対応を考えると、もうこの2施設は今後使わないでおこうと思ってしまいます。

NHK受信料同様、政府の安易な都合で不公平を産み出す「ざる法」の改善は必要です。
posted by かわいいHERO at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ひとりごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187418355

この記事へのトラックバック