2020年04月29日

ステイ オルビス

緊急事態宣言下の昨晩に予定通りに「オルビス・イオ」で島根県へと向かいました。

本来は「ステイ ホーム」を守るべきですが、三男坊救出と言うと大袈裟ですが、目的を持っての行動です。

とは言え、感染拡大を助長する行動は御法度ですから、先日の記事の通りに移動はしても「ステイ オルビス」を徹底しました。

車検でタイヤをローテーションしてもらったので、アルミホイールのナットの増し締めするにしても、人の多いであろうサービスエリアではなく、パーキングエリアに寄ることにして、パーキングエリアに居てもトイレはオルビスのトイレを使うを徹底。

休日割引は適用されませんが、夜間割引は適用されるので、中国道から0時を過ぎて鳥取道に出るようにスケジュールしましたが、とにかく自粛で車が少ないので、法定速度でのんびり向かっていたら、いつもの道の駅あらえっさに到着したのは、3時近い時間でした。

もちろん、道の駅あらえっさでも仮眠と買って行ったパンでの朝食だけで、トイレはオルビスなので、施設を利用することはありませんでした。

そして、今朝三男坊のアパートに到着です。

t2pix_20200429-190849_resize_20200429_190921.png

アパートが和室を洋室に改装された部屋なので、昔ながらの紐でオンオフするペンダントの蛍光灯で、折角の若者仕様の部屋が台無しなので、リモコン付きのLEDシーリングライトとトイレの洗浄便座を持参して、ササッと交換してやり、三男坊を乗せてとんぼ返りです。

お店は、一切利用しませんが、唯一ガソリンだけはスタンドで入れましたが、セルフで店員さんとの接触はありません。

他県のお店に寄らないと決めた事で、コンビニでコーヒーを買うこともできませんから、事前に自宅近くのコンビニでカフェ・ラテを買って行くなど準備は万全でした。

気温が上がって来たことで、発電機の古くなったガソリンの処理目的で、発電機を稼働してシェルのセパレートエアコンを利用しました。

気温のせいで、鳥取辺りを走行中に、エアモニが左リアタイヤのエア圧に警告を発するので、道の駅に寄ってエア抜きを行いましたが、もちろん施設には寄りません。

その後、人が多いであろう鳥取道の道の駅かわはらのわずか4キロ先の用瀬パーキングエリアで車内で簡単に調理をして昼食を取り、無事に他人と接することなく、明るい内にミッションを終えることができました。

さぁ、これで3、4、5、6日は胸を張って自宅でダラダラ自粛できます。
posted by かわいいHERO at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187433034

この記事へのトラックバック