2020年06月06日

「任天堂スイッチ」当選とエディオンアプリ

三男坊の為にと始めた「任天堂スイッチ」の抽選販売の応募ですが、未だ品薄ということで抽選があれば応募するという繰り返しです。

当たらない「Nintendo Switch」

当の三男坊は、現在自宅に帰宅しており、完全リモート授業のおかげでまだまだ島根に帰るつもりは無いようで、市の募集するアルバイトに応募して採用され、至れり尽くせりの自宅で、快適にリモート授業とアルバイトの日々です。

私の場合も、抽選販売の応募はほとんど習慣となりつつあって、昨日も家電量販店のエディオンへ行って、日曜日の抽選分に申し込んで来ました。

IMG_20200605_190430956_copy_640x480.jpg

エディオンもこれで何回目だろう…。

多分5回以上にはなると思いますが、ここまで当たらないと変な期待も持たなくなります。

他の抽選販売は、基本的にネットやアプリで応募が完結しますが、エディオンの場合は店舗ごとに実施していて、店舗に足を運ばないといけないので厄介です。

でも、エディオンの場合はアプリでクーポンを発行することが多く、昨日もクーポンでカップ麺をもらってきました。

IMG_20200605_190226098_copy_640x480.jpg

外出のついでなので、苦にはなりません。わーい(嬉しい顔)

そして、今日もクーポンが出ているようなので、後でサンバーを引き取りついでに寄ろうと思っています。

2020-06-06 10.58.22.jpg

そして、私の「任天堂スイッチ」の抽選販売の成果はそんな感じで全滅ですが、昨日、とうとう奥さんが当選したようです。

今日の帰りに引き取りに行く予定ですが、これで、遅ればせながらも三男坊の大学の“入学祝い”の用意に着手できます。

当初は、性能の良いノートパソコンとかの方が良いのかなと思っていましたが、大学のリモート授業は、なんとか家に余っていたマイクロソフトの「Surface2」で事足りているようなので、本人希望の「任天堂スイッチ」に加え、本人には伝えていませんが、「iPad」でも送ろうかと考えています。

出費ではありますが、他の兄弟とのバランスもありますので、スイッチだけという訳にもいきません。

全ての我が子に行って来て、私にとってはノルマのようなものなので、早く完結したいというのが本音です。

うちの奥さんが当選したことで、もう必要ないと思われる「任天堂スイッチ」の抽選販売への応募ですが、夏には三男坊が島根へと持って行ってしまうことから、あつ森やりたいという娘や、私自身の為にも、もう1台欲しいと思っているので、継続参戦していきます。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣マイブーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187568018

この記事へのトラックバック