2020年06月13日

リチウムバッテリー化に伴う課題・・・その2

前記事で「リチウムバッテリーの疑問」というタイトルにしてしまったものの、よくよく考えると、自分がオルビスのサブバッテリーをリチウム化するに当たって、色々と問題になりそうで考えなくてはいけないことをあげていくつもりだったので、純粋にリチウムバッテリーについての疑問では無かったりするので、ちょっとタイトルを変えて…

「リチウムバッテリー化に伴う課題」

と勝手ながら変更させていただきます。

その1の満充電についての考え方については、現実的にリン酸鉄リチウムバッテリーを運用するのに、せっかくの実用域を活用しないというのも勿体ない話ですから、満充電の状態を長期持続させないように、運用方法を考えるようにしようと思います。

それ以前に、我が家のオルビス・イオは、現状鉛トリプル仕様としては、それなりに完成された形になっていると感じています。

ですが、それを全て自分で同時期にやってしまっているが故にリチウム化で手を入れる箇所が多いのです。

もう忘れていることも多く、いろいろな不満を忘れて完成されている気になっているような気もしますが…。爆弾

例えば、バッテリー残量計は鉛専用のNASA MARINEの「BM-2」っていうやつですから、リチウム対応品に変更が必要です。

数値化の重要性

クーラー病?で作業はほどほどに

先輩オルビスト「かむぱぱ」さんの導入されたバッテリーメーターが高機能みたいですが、どこの製品かもわからず、同じような感じに見える「RENOGY」のものでも良いかなと思っていたところ、ヤフオクで各社のキャンピングカーが標準で使用するメジャーな「VOTRONIC」を見つけました。

2020-06-13 15.21.41.jpg

まさか偽物?なんて思いましたが、日本では高価な「VOTRONIC」ですが、実はeBayなんかを利用すると安いらしいです。

それよりも安いかも?ということで、ヤフオクで調達してしまいました。

取り付けは未だですが、ひとまずバッテリーモニターのリチウム化の準備はできました。

次いで、キャンピングカーのリチウム化にとって重要な走行充電器(アイソレーター)についてです。

現在は、オルビスを手放されてしまった元オルビスト「エンター」さんに紹介いただいた「クレシードSJ201」という走行充電器(アイソレーター)を使用中で、その300Wまで対応というソーラー端子に、これまた自分で付け替えた210WのソーラーパネルをMPPTチャージコントローラー経由で接続しています。

ですが、「クレシードSJ201」はリチウムに対応していません。

そこでこちらも、「かむぱぱ」さんが「CTEC」の「D250SE」をチョイスされていたのと、我が家のオルビス・イオは、ディーゼル3000ccなので、オルタネータが130A仕様であることから、これまた「かむぱぱ」さんがおすすめされていた「CTEC」の「SMARTPASS120S」との併用を考えています。

ですが、ここでまた問題が…。

現在オルビス・イオのサブバッテリー用のソーラーパネルは最大出力動作電圧が“36V”なんですが、「CTEC」の「D250SE」のソーラー入力は23Vまでしか対応していません。

今の今まで「RENOGY」の走行充電器(アイソレーター)も同様かと思っていたのですが、こちらは25Aと電流の制限で電圧については記述がありませんでした。

でも、電圧と勘違いして混同し頭の中が無茶苦茶になっていました。たらーっ(汗)

でも、「RENOGY」のソーラーパネルも最大出力動作電圧は20V程度なので、“36V”で問題がないとも言い切れません。

そこは要確認ですが、「CTEC」の「D250SE」と「SMARTPASS120S」の組み合わせでは、アイドリングでセパレートエアコン稼働が可能だとすれば惹かれます。

鉛トリプル&「クレシードSJ201」で成し遂げられなかった課題ですから。

今ではすっかりフロントエアコン&DCファンで凌ぎ切っていますが…。パンチ

ただ、ここでもオルビスで本当にそれが可能なのかがわかりません。

ナッツの新システムも内は「CTEC」の「D250SE」と「SMARTPASS120S」の組み合わせとかいう話ですが、他社でトリプル化等の作業を依頼するつもりでいた時には、オルタネータからの配線を強化することも入っていたのですが、自力でトリプル化することになり、そこは手付かずなのですが、配線の強化なく「D250SE」&「SMARTPASS120S」コンビの実力を享受できるものなのだろうか?

いくらネットを徘徊しても、なかなかこのソーラーや配線の記事には遭遇できないので、販売元に確認しながら情報を集めるよりありません。ふらふら

最大の問題はリン酸鉄リチウムバッテリーそのものの資金調達なわけですが、その本丸へたどり着く以前に、多くの難題が立ちはだかっております。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187592670

この記事へのトラックバック