2020年06月21日

取り敢えずのマスク

相変わらず、任天堂SWITCHの抽選販売は当たりません。

Screenshot_20200621_154549_resize_20200621_154746.jpg

奥さん当選分で三男坊の分は確保できたとは言え、もう一台あれば、家族内でも楽しめると思うのですが…。

一方でユニクロのマスクも予想通りの人気で、軟弱な私に入手できる訳もなく、抽選サイトに入る為の申込みというミズノのマウスカバーの抽選の抽選に申し込んだりもしています。

t2pix_20200621-155015.png

でも、当たる気はしないので、以前から気になっていた自作のマスクを試すことにしました。

自作のマスクについては、インターネット上に山ほど情報が上がっていますが、私が作るなら極力簡単なものということで、生地を切り抜いて、一列縫うだけのストレッチマスクに決定。

手芸用品店であるユザワヤさんとオカダヤさんのネット上で公開されている型紙をダウンロードして、取り敢えずは古Tシャツでサイズ感を確認してみました。

IMG_20200621_124913_resize_20200621_154807.jpg

先ずは縫う代わりに、安全ピンで留めてみました。

実際に着けてみると悪くないかなと感じたので、いざ本作成といきたいところですが、クローゼットから奥さんの古いミシンを出してきたところで、停滞していました。

市販のポリウレタン製のものでも買おうかなという誘惑もある中、意を決してミシンを操ることに。

IMG_20200621_124936_resize_20200621_154807.jpg

試しに、ぼろTシャツの方で試し縫いしてみたのですが、なんか縫い目がおかしい。

奥さんに指導を仰ごうと思ったものの、その奥さんも長い間使っていないので、頼りにならずでした。

おまけに、よくわからないままに、縫い方の設定を変更してみたら、まさかの針折れで替えの針もないようで万事休すです。もうやだ〜(悲しい顔)

IMG_20200621_125733_resize_20200621_154807.jpg

でも、材料は用意したので、手縫いでやってみます。

その材料は、ワークマンの安いポリエステルの冷感生地のTシャツですが、それをバラしてロータリーカッターで型に合わせて切り抜きます。

IMG_20200621_151249_resize_20200621_154807.jpg

金額が同じなので、出来るだけたくさん作れるように、敢えて大きなLLサイズを選択し、カラーは我らがバレンティーノ・ロッシを意識しつつ、ちょっとお洒落なドット柄の黄色と青の2枚を用意して、今回は黄色でチャレンジです。

手縫いで縫い合わせる時に、ずれないようにと養生用テープで仮止めしたところ、テープの粘着力が強すぎて、生地の切り口がほつれかけてしまいました。ふらふら

切りっ放しでは、耐久性に難ありでしょうね。

IMG_20200621_151052_resize_20200621_154807.jpg

そんな調子で出来はイマイチですが、早速出来たマスクを着けてみました。

t2pix_20200621-184814.png

一枚ものでマスクとしての効果はあまりありませんが、エチケットとしてのマスクとしては、これで充分な気がします。

でも、ただのポリエステルで冷感というのも気休めのようで、本格的な夏用マスクという訳にもいきそうにはないですが…あせあせ(飛び散る汗)


posted by かわいいHERO at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣マイブーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187620024

この記事へのトラックバック