2020年07月14日

リセットは続くよどこまでも

土曜日の晩に切り上げた、オルビス内部のリセット作業の続きを行う為、久しぶりに日曜日の午前中から作業に入りました。

2020-07-12 09.13.44.jpg

先ずは移動したインバーターの配線を極力やり直したくないので、配線用の穴を開けました。

夜にはできない作業です。

2020-07-12 09.35.06.jpg

そして、明るいので踏ん切りをつけて、トリプルバッテリーの配線を外しました。

2020-07-12 10.22.00.jpg

これで、バッテリーモニターBM-2ともお別れです。

2020-07-12 10.22.06.jpg

そして、とうとうとう鉛バッテリー3基を運び出しました。

重かった…。

2020-07-12 10.47.41.jpg

そして、コーテックのリチウム仕様の充電器が入るので、すぐれもの充電器ともおさらばです。

2020-07-12 11.53.53.jpg

すぐれもの充電器は14.4Vで充電できるので、そのまま流用可能ということですが、先駆者さん達は、走行充電の充実したバンテック車ということもあり、走行充電とソーラーで、すぐれもの充電器の出番なく、実際のリチウムバッテリーとの相性は今なお不明です。

なら、コーテックのAC充電器なんて要らないじゃん…となりそうですが、オルビスの走行充電ケーブルは細く、何より、オルビスには2.8kW発電機という飛び道具がありますから、発電機+80A充電器だけで、走行充電やソーラーが無くても良いような気がしてきています。

エアコンを使わないような電力使用状況なら、400Ahのリチウムバッテリーなら4,5日大丈夫らしいですから、2,3日おきに3時間も発電機で充電すれば、延々に電気に困らないんじゃないかと思ったり…。

AC充電器だけなら、バッテリーの充放電管理もすこぶる容易いことでしょう。

ところが、「リチウムバッテリー=充電が課題」とばかり思っていた私は、何よりも先に、走行充電器のCTEKに目が行ってしまったのですよね。

評判の良いCTEKのアイソレーターではありますが、いざ手にしてからネットで調べても、リチウムでの情報を含めなかなか見つかりません。(調べてから手にするべきでした爆弾

さらに、CTEKへのソーラー入電が23V以内ということで、現在のパネルがそのまま接続できず、後の宿題としている現状です。

おまけに、我が家のオルビス・イオはディーゼルで130Aのオルタネーターだということで、CTEKの「SMARTPASS」との併用しか考えていませんでした。

走行充電器 D250SE+SMARTPASS120S − 株式会社TCL

でも、そもそものオルタネーターからの配線が細いので、きっと意味ないんだと思います。

それに、オルタネーターからの電力をダイレクトに電装品に送る機能なんかもあるようで、充電し過ぎないようにと、わからないままに充電を切るわけにもいかないでしょうから、過充電対策の方が厄介だということに気が付きました。

「リチウムバッテリー=充電が課題」ではなく「リチウムバッテリー=過充電対策が課題」だったと気が付きました。

CTEKの「D250SE」は、リチウムバッテリー対応の走行充電器ではありますが、調整はできないようなので、過充電防止はCTEKのシステムに丸投げするよりありません。

それで果たして、問題ないのか文系の私には皆目見当がつきません。

万が一、CTEKのシステムが、今回のリチウムバッテリーに合わないとなると、満充電にならない様に、バッテリーに負荷を掛けて満充電を避けるのが良いかと思ったものの、「SMARTPASS」との併用だと、負荷と関係なくバッテリー充電されてしまうので、メリットがデメリットになりかねません。

じゃあ「SMARTPASS」が要らなかったんじゃないかと思っても、400Ahのリチウムバッテリーだと、「SMARTPASS」併用でないと「D250SE」が使えないので、どうしてもセットなんですね。

そう考えると高価で賢過ぎるCTEKではなく、RENOGYの50A走行充電器で良かったのかもと思います。

オルビスの利点を武器に、走行充電よりも先にリチウムバッテリーとAC充電器で運用し始めてから考えても良かったのかも知れません。

ちょっと話があらぬ方向へ行ってしまいましたが、現在の私の迷走を表していると思ってください。ふらふら

さて、優れもの充電器を取り外したものの、そのバッテリーへの太いケーブルが、元々のオルビスの配線に紛れて撤去できません。

2020-07-12 13.35.03.jpg

この部分の配線は、トリプルバッテリー化の時には、触ることなく車内へ再度引き入れできたので、手付かずでしたが、やはりこの太さなので邪魔です。

2020-07-12 13.41.48.jpg

なので、ケーブルの束をばらして、埋めてあったシリコン?共々取り除きました。

そして、もう一つサブバッテリーに直結してあった水色と茶色の線は、FFヒーターです。

2020-07-12 13.44.55.jpg

こいつも隣の区画にリモコンがあるのにわざわざ一度外へ出て再度中へ引き込んだ状態になっています。

2020-07-12 13.45.02.jpg

配線が外へ行く必要はないので、内から内へとすることで、配線を通すスリーブもスッキリしてきます。

2020-07-12 13.45.52.jpg

写真を撮り忘れていますが、コーテックのAC充電器やCTEKの走行充電器も、取り敢えず壁面に取り付けし、AC充電器については、ホールソーで排熱用の穴もあけたりしている内に、もうすっかり暗くなってしまいました。

また月曜日から水曜日まで雨予報ということで、未だ辛うじて明るい車外へ出て、バッテリーを固定するつもりで用意したアルミ板をオービタルジグソーでカットしました。

2020-07-12 19.18.08.jpg

上手くできないかも知れませんが、取り敢えず後日チャレンジしてみます。

そして、日曜日の作業を終えようと思いましたが、バッテリー販売者の方へ到着の報告をしていなかったので、念のためテスターで各セルの電圧を測ってみました。

2020-07-12 19.25.15.jpg

3.3V

2020-07-12 19.27.22.jpg

3.298V

2020-07-12 19.28.02.jpg

3.298V

2020-07-12 19.28.47.jpg

3.3V

ちゃんと揃ってました。

2020-07-12 19.29.23.jpg

固定をどうするか等未だ決めかねていますが、まとめてしまうと運べないので、オルビスへ積むのは後日です。

2020-07-12 19.31.24.jpg

FIAMMの3つもどれだけ能力が残っているかわかりませんが、取り敢えずは仮置きするよりありません。

2020-07-12 19.32.53.jpg

取り敢えずのリセット完了で、次の作業は水曜日かな…。
posted by かわいいHERO at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187696030

この記事へのトラックバック