2020年07月20日

半沢直樹が…

hanzawa01.jpg

昨晩はモトGPのLIVE放送がメインで、初回放送の「半沢直樹」は、レコーダーで録画されたものを観るつもりでした。

ところが、モトGP中継から地上波にチャンネルを替えて、偶然放送中の半沢直樹が映った時に、ふとレコーダーを見ると、録画ランプが一つしか点いていません。たらーっ(汗)

モトGPの録画が未だ完全に終わっていないので、「半沢直樹」が録画されていないのではないかと思い確認したら、やっぱり録画になっていませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)

先週までの前作SPを毎回録画に設定していたので継続して録画されているものと思っていたのですが、勘違いでした。

途中からでも観ようとしたのですが、うちの奥さんが三浦春馬君のニュースの方を観ると言い、「半沢直樹」はTVerで見ればいいじゃんと言われ、渋々諦めました。

とは言え、日本の銀行を取り巻く環境は、前作の時と大きく変わっていて、取引のある銀行でも、マイナス金利やAI化等によって、特に若い銀行員の意識の変化を顕著に感じます。どんっ(衝撃)

そんな側面を見ると、出向先でまで一行員を叩き潰そうとするという内容には、「そんなパワーがあるわけない」と現実が邪魔をします。パンチ

まぁ、ドラマですから現実を切り離さないといけないのはどれも同じですが、前作越えの22%という視聴率を知ると、「やっぱり観ないとなぁ」と思ってしまいます。ひらめき

コロナで先延ばしされた待望のドラマということなんでしょうが、視聴率が思わしくない「ハケンの品格」のように現実離れし過ぎないことを祈ります。爆弾

まぁ、質が全く違うドラマなので、重量感が違う分爽快感も違うでしょうから、要らぬ心配かな。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ドラマ・映画・動画等
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187714875

この記事へのトラックバック