2020年07月24日

オルビスリフォーム水曜日の作業

水曜日はランチで家族サービスだったので、作業のスタートはのんびりでした。

COTEK(コーテック) AC充電器は既に取り付けていますが、ケーブル1本に付き40Aの仕様で、80Aで充電しようと思えば、14SQのケーブルが2本必要だと届いてから気が付き、追ってケーブルを注文するついでに、充電を手動で止めたい時の為に、リモコンを注文していて、午前中に届いていました。

以前使用していたクレシードの走行充電器のリモコン設置場所に、COTEK充電器のリモコンをつけようと思ったのですが、リモコン本体がカットされた四角い穴とほぼ同じ大きさで、そのままでは付きません。

2020-07-22 17.25.35.jpg

なので、VOTRONIC(ボトロニック)のバッテリーモニター同様に、アクリル板を利用します。

2020-07-22 12.56.06.jpg

リモコンの裏は丸いので、VOTRONICと違ってホールソーで楽々でした。

2020-07-22 17.18.11.jpg

そして、2か所のビスは敢えて長いものを使います。

2020-07-22 17.34.47.jpg

しかし、このアクリル板のミラーはまんま鏡です。

2020-07-22 17.36.46.jpg

自宅をいろいろ探し回ったのですが、固定の為に使えそうな金具が無かったので、リチウムバッテリーの枠に使用したアルミはかまの余りをHの真ん中でカットして使用することにしました。

2020-07-22 17.18.24.jpg

少し削って、ビスに合わせて穴を開けたらこんな感じで固定します。

2020-07-22 17.46.35.jpg

見えない部分なので、金具は綺麗でなくても問題なしです。

2020-07-22 18.01.08.jpg

イメージ通りに固定できました。

さて、メインのリチウムバッテリーの配線については、考えがまとまらず、ずるずると先延ばしにしていましたが、バッテリーの+と−の位置から、急遽、買ったものの使わない予定だった端子台を使用することにしました。

アルミ枠の組み立て時に、わざわざセルの順番を入れ替えして組み上げたものの、逆の方が都合よかった

リチウムバッテリーは高さがあるので、その上の空間は僅かであることから沢山のケーブル端子を接続するのが厳しいと思えて来たからです。

2020-07-22 18.07.06.jpg

元々オルビスの電気部品取り付けに使用されていた角材を、バッテリーの横の壁に取り付けました。

この上には、VOTRONICのバッテリーモニターのシャントを置くことにしました。

2020-07-22 19.38.34.jpg

でも、そのシャントの隣にマイナスの端子台を設置しようとすると、短すぎてケーブルで繋げません。

なので、未だ残っていたアルミ板で、ケーブル代わりの接続金具を作ってみました。

2020-07-22 19.38.13.jpg

そして、自宅に余っていた2×4材の切れ端を角材のように切り出して…

2020-07-22 18.06.04.jpg

マイナス端子台の奥の壁に固定します。

2020-07-22 18.35.33.jpg

プラスとわかりやすいように、角材に赤いカッティングシートを貼ってみました。

2020-07-22 19.50.21.jpg

プラス側は、38SQのケーブルでバッテリーから最短距離でつなぎます。

2020-07-22 19.50.28.jpg

こんな感じで、プラスとマイナスの端子台が付きました。

オルビス内での作業はここまでにして、リビングで安っぽいが故にすぐに裏の半田のケーブルが切れてしまう各セル計測用の電圧計に苦手なはんだ付けを施しました。ふらふら

2020-07-22 22.48.25.jpg

もう3回くらいやってますが、復旧してくれるので良しとします。るんるん
posted by かわいいHERO at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187727462

この記事へのトラックバック