2020年08月12日

真夏のオルビス&発電機最強説

IMG_20200812_114745_resize_20200812_114832.jpg

自粛ムードの中で、キャンピングカー にお乗りの方は、どうされているのだろう?と久しぶりにブログ村の新着記事を見ていたら、偶然こんな記事を見つけました。

ジル520というか、トヨタの問題? テンションダダ下がりです>< ー ぱぱせ〜やんのぶろぐ

走行中にセパレートエアコンが使えるという謳い文句のバンテックシステムが、暑すぎるとエアコンが使えないということのようです。

でも、これはバンテックシステムというよりも、カムロード全般の走行充電についての問題みたい。

新型カムロードの「不可思議な制御」 ー キャンピングカーZIL522のこと、オレのこと。

また、これがこの記事の通りに新型カムロードに限ったことなのかはわかりませんが、この方のブログについては、CTEKの走行充電器について調べている時に、こんな記事も見つけていました。

【快適化】ZIL522の電力事情 ー キャンピングカーZIL522のこと、オレのこと。

バンテック厚木が開発したというシステムは、未来舎の新しいリチウム対応走行充電器を利用したもののようですが、このシステムでも根本の問題は解消されていないようです。

まぁ、我が家のオルビス・イオに取り付けたCTEKの走行充電器も影響を受けると思われ、結局のところこの問題を唯一解決できているのはナッツのエボシステムだけということなのか?

ちなみにナッツのエボライトはCTEKを利用したシステムなので、我が家と同様と思われます。

しかし、コメントにもありましたが、暑いから必要なエアコンが暑すぎると使えない仕様なのにそれを謳い文句にして販売するというのは問題ありますね。がく〜(落胆した顔)

トリプルバッテリーの交換サイクル含め、もうバンテックシステムにメリットがあるとは思えませんねぇ。バッド(下向き矢印)

そう考えると、熱い中でも問題の起こらないオルビスの発電機でセパレートエアコンというのは、時代遅れと思われていましたが、ある意味優秀であり最強とも言えるかも。グッド(上向き矢印)

発電機の利用頻度が減っているとはいえ、リチウムバッテリーの急速充電含め、選択肢のひとつとして有難い存在なのかも知れません。ひらめき

でも、我が家のオルビス・イオに限っては、必要なのは先ずは実体験なんですが…爆弾
posted by かわいいHERO at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣へぇ〜そうなんだ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187797776

この記事へのトラックバック