2020年08月30日

今日も西国三十三所めぐり

昨日、うちの奥さんに「明日どうする?」と聞いたところ、「行きたい」と言うので、水曜日の休みに続いて、今日も西国三十三所めぐりへと行ってきました。

「行きたい」とは言うものの、数日前から腰が痛いと言っていて、あまり腰に負担の掛からないところという条件を付けられ、スタンプラリーのガイドブックは自分が持っていながら、行先も決めずに寝てしまううちの奥さんです。

仕方がないので、私が残り二十八所の中から行先を選ぶことに…。

できるだけ効率を考える必要があり、自宅からの距離や時間、駐車場からのアクセスの難易度等を踏まえて、出来るだけ多くのお寺をまわりたいものです。

そして、私がチョイスしたのは滋賀県です。

朝早くに出発できると選択肢も増えますが、結局今日もお昼前の出発です。

なので、高速道路をつないで、京滋バイパスの石山インターで降りて、一つ目のお寺の駐車場へ到着です。

2020-08-30 12.53.43.jpg

やって来たのは第十二番札所である「岩間山 正法寺」、通称「岩間寺」です。

2020-08-30 12.20.56.jpg

駐車場は無料ですが、入山料が必要です。

2020-08-30 12.24.03.jpg

山門はありませんが、黒い立派な仁王さんが出迎えてくれます。

2020-08-30 12.30.00.jpg

数所のお参りを済ませて、御朱印を頂いた後、本堂隣にある池に目をやります。

2020-08-30 12.46.37.jpg

「古池や蛙飛びこむ水の音」

誰もが知っているのではないかと思われる有名なこの松尾芭蕉の句ですが、その古池がこの池ということのようです。

2020-08-30 12.47.41.jpg

そして、駐車場へ戻る途中で、ここは外せないと先日行った総持寺にもあったぼけ封じの観音様へのお参りも忘れません。

2020-08-30 12.52.35.jpg

そして、やって来た道を戻って、次にやって来たのはこちら。

2020-08-30 13.11.26.jpg

第十三番札所となる「石光山 石山寺」です。

2020-08-30 13.16.08.jpg

有料の石山寺観光駐車場にシエンタを停めて、山門へ向かいます。

2020-08-30 13.18.50.jpg

観光客も多いと思われる、お店も一体化した大きな規模のお寺です。

2020-08-30 13.24.40.jpg

こちらも入山料が必要で、支払った先のエリアがこちらです。

2020-08-30 13.29.11.jpg

くぐり岩と言うので、ついくぐってしまいましたが、くぐると願い事が叶うそうです。

2020-08-30 13.29.59.jpg

奥さんも付き合わせてしまいました。あせあせ(飛び散る汗)

2020-08-30 13.37.06.jpg

これが国の天然記念物の硅灰石(けいかいせき)で、この石山寺の名前のルーツだそうです。

2020-08-30 13.37.48.jpg

既にいくつかお参りを済ませていますが、これからいよいよ本堂へお参り後、御朱印もいただきました。

2020-08-30 13.51.12.jpg

本堂の先もいろいろと観るところがありますが、こちらは「紫式部供養塔」と「芭蕉の句碑」です。

この先、どんどん登り汗をかきかき境内を見て回りましたが、この時期の山歩きは大変でした。

2020-08-30 14.01.52.jpg

その先に目指していたのは、こちらの「紫式部像」でした。

2020-08-30 14.19.43.jpg

この後、山門へと戻り、門前のお店で奥さんが珍しいきなこの「揚げみたらし」を食べたいと言うので、1本だけいただきました。

2020-08-30 14.22.00.jpg

駐車場へ戻る際に、気になっていたプリン屋さんで、プリン味のソフトクリームがあったので、奥さんと二人で食べました。

2020-08-30 14.29.34.jpg

隣の喫茶室を使用して良いということで、涼しく生き返りました。

2020-08-30 14.31.55.jpg

プリン味とは言うものの、カラメルソースでプリンぽくなるので、普通のクリームなんじゃないかと思ってみたり…。

2020-08-30 14.49.46.jpg

石山寺の駐車場を出た後は、ここまでの「岩間山 正法寺」と「石光山 石山寺」の分のスタンプをいただきにJR石山駅へと向かいました。

2020-08-30 14.57.57.jpg

そして、本日最後のお寺へ向かう前に、一応食事をしようということになり、あまり時間もないしあっさり麺類が良いということを夫婦ともに確認したので、見つけた餃子の王将で冷麺を食べようということになり寄りました。

2020-08-30 15.10.43.jpg

ですが、メニューを見ているうちに、双方ともに意見が変わり、二人とも冷麺ではなく、温かい普通のメニューを注文していました。爆弾

2020-08-30 15.40.49.jpg

そして、お腹が膨れてようやくやって来たのが第十四番札所である「長等山 三井寺(園城寺)」の駐車場です。

こちらも駐車料金と

2020-08-30 15.43.41.jpg

この山門の先から入山料が必要です。

2020-08-30 15.52.37.jpg

この「長等山 三井寺(園城寺)」では、全部で6種類の御朱印をいただけるそうです。

2020-08-30 15.44.43.jpg
釈迦堂(食堂)

それを知ったうちの奥さんは、俄然やる気を出して、全部の御朱印を頂くつもりのようで、私はカメラを持ちながら、その後を追います。

2020-08-30 15.54.22.jpg
金堂

三十三所とは関係のない釈迦堂と金堂の御朱印を頂き、同じく次の微妙寺でも三十三所以外の御朱印をいただいたのですが、微妙寺では、2種類の御朱印があると言われ、奥さんは一つだけいただいていました。

2020-08-30 16.17.35.jpg
微妙寺

でもここ「長等山 三井寺(園城寺)」でいただける6種類の御朱印に、微妙寺の2種類が入っていることに奥さんは気が付いていませんでした。

2020-08-30 16.25.21.jpg
観音堂

そして、三十三所の御朱印を観音堂でいただきました。

その後、微妙寺の2種類の御朱印のことに気が付いたものの、かなり戻らなければならない為、もう良いということで諦めたようです。

2020-08-30 16.33.12.jpg

なので、最後の御朱印をいただくべく、下り始めると、開けた景色の向こうに琵琶湖が見えました。

2020-08-30 16.35.37.jpg
水観寺

最後に水観寺へ参って、三十三所を含めた5枚の御朱印をいただいたこととなります。

2020-08-30 17.02.17.jpg

仕上げのスタンプは、JR大津駅ではなく、JR大津京駅へと寄りました。

2020-08-30 17.16.07.jpg

そして、達成感に浸りながらも猛暑の中のクールダウンの為、ミニストップでハロハロとアイスコーヒーを調達して、充実の帰宅ドライブの後、恒例の業務スーパー箕面店等での買い物を済ませて無事に帰宅しました。
posted by かわいいHERO at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187859510

この記事へのトラックバック