2020年09月28日

今日も西国三十三所めぐり(京都車編)

奥さんの西国三十三所めぐりスタンプラリーですが、私抜きでは実行不可能な上、その行動も私主導で予定しないことには実行になりません。ふらふら

昨日の日曜日の予定も、前日土曜日にどうしたいかを聞き出して、プランを私が練って伝えます。

1日にめぐるプランとしては、既に何パターンかで出来上がっているので、出発時間や帰宅時間を考慮して、今回は車でめぐる京都としました。

今月は高速であちこち行っているので、今日は高速を使わずにドライブとして、10時頃に出発し、予定通りに昼前に到着したのは宇治の「三室戸寺」です。

2020-09-27 11.43.10.jpg

日曜日でも駐車場はガラガラでした。

2020-09-27 11.45.18.jpg

紫陽花で人気のお寺ですから、その時期はきっと満車なのでしょうね。

2020-09-27 11.46.33.jpg

参拝料ひとり500円を支払って中へ。

2020-09-27 11.50.49.jpg

真っ赤な山門を過ぎて、

2020-09-27 11.53.46.jpg

奥に見える階段を登るようです。

2020-09-27 11.55.50-1.jpg

階段を登り切ったら、突き当りに本堂が見えました。

2020-09-27 11.56.07.jpg

この頭が人間、身体が蛇の宇賀神像の身体の部位を触ると、それぞれの部位でご利益があるそうです。

2020-09-27 11.57.36.jpg

本堂の左右にも、狛兎の福徳兎と勝運祈願の宝勝牛が鎮座しています。

早速、本堂でのお参りを済ませて、奥さんが御朱印を頂いている間に、写真を撮っていると、雨模様から太陽が顔を出して、綺麗な青空になりました。

2020-09-27 12.11.05.jpg

晴れてとても気持ちが良いです。

2020-09-27 12.15.58.jpg

いつか、紫陽花の時期にも来てみたいものです。

早々に、一つ目の御朱印を確保しましたが、奥さんが西国三十三所めぐりとは関係のない、この近くにある神社に行きたいと言い出し、ナビを頼りに向かうことになりました。

2020-09-27 12.33.29.jpg

宇治上神社という神社でした。

2020-09-27 12.35.08.jpg

奥さん曰く、以前にも来たことがあるらしいのですが、私には全く記憶がありません。

2020-09-27 12.39.26.jpg

で、こちらの神社、やたらとうさぎがいるのですが、奥さんはうさぎの御朱印帳が有れば欲しいと思っていたようです。

2020-09-27 12.39.34.jpg

こちらにもうさぎ。

2020-09-27 12.39.48.jpg

こちらにもうさぎですが、残念ながら思っていた御朱印帳は無かったようです。

なお、おみくじもやっぱりうさぎでした。

2020-09-27 12.40.04.jpg

あっそうか、宇治上神社って世界文化遺産だったんだ。

2020-09-27 12.41.24.jpg

ちょっとびっくりですが、段々と以前の記憶をたどって、5年前に平等院へ行った時に宇治川を橋で渡って登って行った先の神社ってことは思い出しましたが、以前来た時は時間が遅くて御朱印をもらえなかったのかな。

以前と反対のルートでなおかつ徒歩だったことでピンと来ませんでした。

2020-09-27 12.51.52.jpg

次のお寺に行く前に、忘れてはならない駅スタンプは、JR宇治駅でいただきました。

そして、そこから30分ほど移動して、次は醍醐寺なのですが、お寺の駐車場が1,000円と高すぎるので、手前の上限700円のコインパーキングに停めましたが、結果300円で済みました。

2020-09-27 13.24.20.jpg

しかし、この醍醐寺、拝観料もひとり800円とお高めです。

2020-09-27 13.24.56.jpg

あまりお金のことを言ってはいけないのでしょうが、全体的に高い。

2020-09-27 13.25.10.jpg

さらに三宝院の拝観に別途の拝観料が必要だったり、観音堂がコロナで閉鎖になっていたり、飲食のお店も閉まっていたりで、より割高に感じてしまいます。

2020-09-27 13.26.03.jpg

でも、三十三所めぐりの御朱印をいただくためには、拝観料が必要なのです。

2020-09-27 13.31.38.jpg

せっかく拝観料を払っているので、奥の下伽藍の建物も見に行ってみることにします。

2020-09-27 13.43.21.jpg

こちらの仁王門でも、チケットを確認されます。

2020-09-27 13.44.40.jpg

でも、その先がなんだか荒れています。

2020-09-27 13.45.31.jpg

右を見ても

2020-09-27 13.46.05.jpg

左を見ても

2020-09-27 13.45.51.jpg

木が伐採されて、無残な荒地のようになっています。

2020-09-27 13.50.12.jpg

その先の国宝だという金堂もなんだか傷みが激しいように感じます。

2020-09-27 13.51.48.jpg

五重塔も然りです。

2020-09-27 13.59.14.jpg

でも、帰り際に仁王門で見た写真で納得です。

台風で殆どの樹木がやられてしまったのです。

厳しい台所事情にコロナの影響も伺え、心配に思いながら、醍醐寺を後にしました。

ちなみに醍醐寺の西国三十三所の札所は、本来上醍醐の准胝堂だったのですが、火災による消失で下醍醐の観音堂で納経が行われていたところ、現在はコロナで三宝院となっているのです。

2020-09-27 14.24.28.jpg

本当は、ここで本日のお参り予定は終了でしたが、未だ時間があったので、急遽もうひとつ、今後京都中心部のお参り予定のお寺から少し離れている「今熊野観音寺」に行ってみることにしました。

本来、ランチに醍醐寺で湯葉丼でもいただこうと思っていたのですが、コロナで休止されていた為、スタンプをもらうJR山科駅へ行くまでの間に、ラーメンの魁力屋を見つけて入りました。

2020-09-27 14.31.46.jpg

ラーメンと

2020-09-27 14.32.37.jpg

油そばを2人でシェアしました。

まぁ、特筆すべきものはありませんでしたけど。

そして、JR山科駅でスタンプをいただいた後は、事前の調査でその幅が心配だった赤い鳥居橋を通る「今熊野観音寺」の駐車場に到着。

2020-09-27 15.29.09.jpg

現実には、その心配は必要なかったです。

2020-09-27 15.29.40.jpg

「今熊野観音寺」には初めて来ましたが、

2020-09-27 15.29.55.jpg

境内にはかえでの木が多く、紅葉の時期には綺麗だろうなぁと想像できます。

2020-09-27 15.31.43.jpg

こちらは子まもり大師だそうですが、うちはもう卒業だと思うのですが、奥さんは一応お参りしていました。

2020-09-27 15.35.03.jpg

バスツアーと思われる団体さんなんかも居て、流石京都の中心に近いお寺と感じます。

2020-09-27 15.35.42.jpg

奥さんが外せない、ボケ防止の観音様もいらっしゃいましたが、ここは苔なんかも良い雰囲気があり、先程の醍醐寺と違って、大好きなお寺となりそうです。

2020-09-27 15.47.52.jpg

奥に覗く赤い建物は「医聖堂」だそうです。

2020-09-27 15.51.54.jpg

写真的にも映える光景ですね。

紅葉の時期にまた来たいところです。

2020-09-27 16.43.57.jpg

帰りも高速を使わずに、今日2度目のセブンカフェは白熊アイスと共に。

2020-09-27 17.02.40.jpg

帰路では凄い車も見かけました。

時間も遅くならずにモトGPも堪能できたので、なかなかよくできた1日だったかなと思っています。わーい(嬉しい顔)
posted by かわいいHERO at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣お出かけ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187970821

この記事へのトラックバック