2020年10月04日

取り敢えずAC充電器を交換

2度の故障により、3度目は差額返金による80Aから50A変則交換となったオルビスのAC充電器「COTEK CX1250」が届いてリビングに置いたままになっていて邪魔なので、取り敢えず交換だけすることに。

IMG_20201004_183955_resize_20201004_220308.jpg

オルビスに入ったときの習慣となっているリチウムイオンバッテリーのセル電圧を確認すると、思ったよりも電圧高めなので、バッテリーモニターの残量を見ると…

IMG_20201004_184020_resize_20201004_220308.jpg

やはりソーラー発電で少しづつ増えているようです。

普段はシェルのメインスイッチも切っているので、メインスイッチをオンにした上で何か負荷を掛けるかソーラー発電をディスコネクトスイッチで切るかした方が良さそうですね。

IMG_20201004_184411_resize_20201004_220308.jpg

で、暫定で取り付けていた未来舎のすぐれもの充電器を取り外します。

IMG_20201004_184529_resize_20201004_220308.jpg

そして、代わりに3度目の正直の「COTEK CX1250」を取り付けます。

IMG_20201004_194843_resize_20201004_220308.jpg

そのままのネジ位置で取り付けられると思っていたのですが、CX1250はCX 1280よりも長さが短くネジ位置が変わりました。

2本使用していた14SQのケーブルも50Aでは2本は不要なので1本は取り外しました。

IMG_20201004_195549_resize_20201004_220308.jpg

マイナス側の配線を外す際、バッテリーモニターのシャントからグランドストラップを外したのですが、その際、グランドストラップがシャントへのプラス配線に接触してスパークしました。

UVレジンで絶縁したつもりでしたが、不十分だったようです。

対策しなければ。あせあせ(飛び散る汗)

IMG_20201004_200156_resize_20201004_220307.jpg

バッテリーモニターが消灯してしまったため、ヒューズを確認すると切れていて、3Aヒューズでしたが、手元に在庫がなかったので、一時的に10Aで代用しておきます。

IMG_20201004_194153_resize_20201004_220308.jpg

バッテリーモニターが復活したものの、バッテリーの残量が「えっ?360Ah???」

充電していないのに12Ahも増えています。

設定がリセットされたかな・・・まぁそもそも数値はアバウトなものだということなのでしょうが。

本当は充電テストするべきですが、流石に次故障となってももうワンゲインさんに言っていく根性もないので、充電テストは後日にその気になったらすることとします。ダッシュ(走り出すさま)
posted by かわいいHERO at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187992419

この記事へのトラックバック