2020年10月16日

アマゾン「Echo Auto」

アマゾンの“アレクサ”でお馴染みのEchoシリーズに、自動車専用の「Echo Auto」が販売されたということで、気になっていて、今週はじめのアマゾンプライムデーにお得に買ってみようと思っていましたが、残念ながらプライムデーでの割引はありませんでした。

発売したばかりの商品ですから仕方がないですね。

とは言え、自宅では3台のエコーシリーズ&おばあちゃんや離れて暮らす子供たちにもエコーショー5を配りまくっているので、「Echo Auto」の存在は気になります。

各所のレビューで、スマホが必須であまり意味がないということを認識したうえで、買ってみました。

2020-10-14 12.50.07.jpg

買ってはみたものの、マグネット式の本体をセットするステーが、自動車のエアコン吹き出し口のルーバーに取り付けるようになっているのですが、取り付けを考えているシエンタの丸いルーバーは、説明書にある上から3番目の不適合タイプなので、取り付け方法から考えないといけません。

2020-10-15 01.10.11.jpg

まぁ、別にその辺においても使えるのですが、折角マグネット式の便利なステーが付いているので、活用したいと思っています。

結果、届いても放置状態だったのですが、今回のプライムデーでは別にこんなものもありました。

JP-JP_082420_PDVirtualBundle_ACQ_LP_1500x300_CV1.jpg

球形状の新型のエコードットが出たことで、第3世代のエコードットが1,980円と安くなっているのは知っていましたが、アマゾンミュージックを制限なく聞ける有料のアンリミテッドが6か月付いて同じ金額のキャンペーン商品があったのです。

20201013183900.png

アマゾンミュージックアンリミテッドについては、3ヵ月無料とか4か月77円?とかやっていて、一度試してみようかなと思っていたので、6か月無料は悪くないです。

それに、わが家のエコードットは第2世代なので、音楽再生には音が良くない。

エコーショー5はキッチンだけなので、この第3世代を追加することにしました。

これには、キャンピングカーへの持ち込みも試してみたいという意図もあります。

第3世代のエコードットは未だ到着していませんが、アマゾンミュージックアンリミテッドのサービスは即時使用可能ということで、昨晩、娘の塾のお迎えで待っている間に、サンバートラックで「Echo Auto」とアマゾンミュージックアンリミテッドを試してみました。

2020-10-15 18.16.32.jpg

ただし、サンバートラックのナビはちょっと古いタイプでブルートゥースに対応していないので、車のスピーカーを利用できません。

音声入力用にミニジャックのケーブルも付属していましたが、これもそのままではサンバーのナビで使えないので、今回はスマホのスピーカーです。

2020-10-15 18.16.43.jpg

スマホはiPhoneではなく、アンドロイドのMate20Proを利用しました。

サンバーのエアコン吹き出し口は普通のルーバーなので、「Echo Auto」付属のステーで問題ありませんでした。

そして、自宅同様にアレクサに話しかけてみたところ、ばっちり認識してくれました。

お馴染みのアレクサの声が車で聞けて、なんかちょっと嬉しかったですが、できることが少ないのがネックです。

ですが、アマゾンミュージックアンリミテッドとの組み合わせは良いですね。

2020-10-15 18.58.30.jpg

スマホのアレクサアプリを使う仕様なのですが、スマホの方にはこんな感じで運転中にスマホを触らない様に注意画面が現れます。

画面に触らずとも、アレクサは問題なく作動します。

試しに「アレクサ、鬼滅の刃の主題歌かけて」と言ってみたら、ちゃんとLiSAの紅蓮華が流れてきました。

2020-10-15 18.59.41.jpg

スマホのアレクサアプリでの再生のようですね。

2020-10-15 19.00.26.jpg

でも、そのおかげでサンバーのエンジンを切ってもスマホの音楽は止まりません。

まぁ、「それならそもそもスマホだけでいいじゃん」という意見は、この辺りを理由に出てくるのでしょうが、運転中のスマホ操作を防ぐという意味では「Echo Auto」はとても優秀です。

ちなみに、アンドロイドのスマホに向かって「OK Google」と叫んで音楽再生を試みたところ、Spotify(スポティファイ)を起動して音楽を再生することになります。

2020-10-15 19.08.16.jpg

ですが、起動したSpotifyに対しては、「OK Google」の音声入力は効かないので、その後の操作はスマホを操作するよりありません。バッド(下向き矢印)

一方で、「Echo Auto」とアマゾンミュージックアンリミテッドの組み合わせでは、安全運転が可能です。ひらめき

「Echo Auto」はエコー端末というよりは、自動車運転に特化した音声入力補助専用機器という感じですね。

でも、スマホとの組み合わせから、今後いろんな操作ができるように進化していくのだろうと思いますので、現状でも面白くて、将来的には楽しみな端末と言えそうです。るんるん

でも、一番の問題はスマホのパケット消費でしょうね。ふらふら

低価格の使い放題なら気にする必要はないんですが…。たらーっ(汗)
posted by かわいいHERO at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣その他デジタルグッズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188031548

この記事へのトラックバック