2020年11月02日

維新は終わる?

大阪維新の会の柱であった「大阪都構想」が2度目の住民投票で否決されたことはご存知の通りです。

まさかの結末に、対立してきた大阪自民党が及び腰になっているように感じます。

そりゃあ、政治や地方自治に全く興味のないうちの娘でも、自民党のTVCM観て「このCM怖い」と言ってましたから…。

投票結果の統計を見ると、年配の女性の反対が多いのは予想通りでしたが、若い女性の反対が異常に多いという結果になっていますから、大阪自民の煽り先方が見事に功を奏したということでしょう。

そもそも自民党がしっかりしていれば、維新なんて必要なかったわけです。

でも、利権ばかりの自民党が大阪を駄目にして、そこに登場した大阪維新に大阪の人々が自民党にノーを唱えて大阪維新の大進撃が始まったわけです。

結果、対立構造だった大阪府と大き過ぎる大阪市の双方の首長が大阪維新となることで改善してきたわけですが、今回の結果を受けてそれも難しくなる可能性があります。

まぁ、維新は維新であり、その時代が長く続かないから維新なわけで、新しい時代を築く未来の自民党があれば、維新は必要ないわけです。

しかしながら、煽り先方で勝利して、面食らっているようではこれから本当に変えて行けるのか心配なだけです。

維新を敵対して批判ばかりするのでは、国会の野党と何ら変わりませんよね。

野党のようになり下がった大阪自民党が維新を凌駕する存在となってくれれば全て解決するのですが…。
posted by かわいいHERO at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ひとりごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188086094

この記事へのトラックバック