2020年11月05日

三十三所南紀リベンジ(1日目)

ほぼ寝ることなく到着した熊野三山の内の「熊野本宮大社」ですが、無料駐車場開放の8時前だったので、他車と同様に隣接する施設の駐車場で待機して、その間に自分たちの朝食を済ませると共に、ジュジュにもご飯を食べさせました。

2020-11-03 08.36.47.jpg

そうこうしていると、無料(2時間)駐車場がオープンとなったので、オルビスを移動しました。

DSCF2037.jpg

さて、いよいよ参拝です。

DSCF2016.jpg

観光バスも数台来ていて、ツアーの団体さんの姿もありました。

「熊野本宮大社」では、オリジナルのマスクも作っていて、狛犬がそのマスク?をしていました。

DSCF0607.jpg

鳥居をくぐり参道を少し入ると、いきなり階段が立ちはだかります。

DSCF0609.jpg

登り切ったと思ったら、未だでした。

DSCF2018.jpg

緩やかな階段が続いて、ようやく登り切りました。

DSCF2020.jpg

奥さんについて先ずは拝殿でお参りをしましたが、奥の御社殿がメイン?私にはよくわかりません。

DSCF0612.jpg

その横には「本宮 八咫烏」の石碑が。

DSCF2021.jpg

ここから「御社殿」に入りますが、「御社殿」内は撮影禁止らしく、カメラを構えたところ、横のおばさまに注意されてしまいました…気付かずにすみません。ふらふら

でも、周りはスマホでみんなパシャパシャ撮影していましたが、知ってしまった以上私は撮影できずで「御社殿」内部の写真はありません。

DSCF0618.jpg

参拝後、金の「八咫烏」に魅せられたうちの奥さんは、おみくじを引きましたが、中吉でした。

DSCF0616.jpg

「八咫烏」の郵便ポストまでありました。

サッカー日本代表のマークも「ヤタガラス」がモチーフだそうですが、この「ヤタガラス」という名前を最近何かのドラマで聞いたような…。

ずっとモヤモヤしていましたが、ブログを書きながらそれが「下町ロケット」だったことにやっと気が付きました。ひらめき

DSCF2023.jpg

駐車場に戻る途中で「祈りの道」という名前の熊野古道を案内されていたので、そこを通って下りました。

DSCF0620.jpg

写真は下りきったところから上に向かって撮影しています。

駐車場手前にあったお土産物屋さんで、那智黒で彫られた「洋風招き猫」があって、奥さんが「メイちゃん…」と欲しそうにするので買ってあげました。

2020-11-05 22.26.57.jpg

洋風の招き猫って珍しいですしね。

また、別のお店では奥さんがちょっと前にテレビで見て欲しいと言っていたみかんのポン酢「みかぽん」を見つけて買ってました。

私は興味ありませんが…。爆弾

そのままオルビスに戻るのではなく、離れたところにある「大斎原」の大鳥居へ。

DSCF2026.jpg

産田社を見過ごしてしまい、土手に登ってみましたが、広い河原は何のために整備されているのだろうか?

DSCF2029.jpg

この大鳥居は道路から良く見えるので、何度も通っていますから通るたびにここが「熊野本宮大社」かと思っていました。

DSCF0625.jpg

黄色い稲穂も合わさって大鳥居の回りの紅葉が良い感じです。

DSCF0633.jpg

ちなみに大鳥居には「八咫烏」があしらわれています。

駐車場へ戻る際に、先ほど見逃していた産田社にも参って、オルビスへ。

助手席の奥さんの膝上に、外を見る胴にリードのハーネスを付けたジュジュを載せて、出発します。

2020-11-03 10.51.51.jpg

そして、約1時間強の走行を経て、太地町へやって来ました。

DSCF0639.jpg

目的は「くじら」です。

以前のオートバイツーリングでも訪問した鯨料理の「くじら家」さんに予約を入れていました。

2020-11-03 12.09.36.jpg

以前に食べて美味しかったので、奥さんに「くじらどう?」と聞くと食べたいというので水曜定休であることから今回のスケジュールとなりました。

2020-11-03 12.09.32.jpg

予約時に定食を伝えていたので、着くとすぐに料理が出てきました。

ですが、以前食べた時の方が美味しかったなぁ…。

特にベーコンが旨くない。

前回は元々小学校給食で出たくじらが大の苦手だった私がチャレンジしたので、美味しく感じただけなのか、いや、やっぱり前回の方が美味しかったよなぁ…。

消費税だけでなく価格が上がっているのに残念ですが、刺身はやっぱり美味しかった。わーい(嬉しい顔)

2020-11-03 12.14.17.jpg

刺身定食の方が良かったかなと思いましたが、昔はよく食べたという奥さんにくじらを食べさせてあげたかったので、まぁ良いでしょう。

DSCF0644.jpg

予約の私達だけで、空いているなぁと思っていたら、見る見る席が埋まって待つ人も出ていました。

スムーズに食事が終わり、やはり予約していて良かったようです。

そして、当初の予定よりも早くスケジュールが消化できたので、単一神社の「熊野速玉大社」ではなく、時間が掛かるであろう「熊野那智大社」へ向かうことにしました。

DSCF0683.jpg

駐車場は無料の「和か屋本店」さんの駐車場に停めさせていただきました。

DSCF0645.jpg

駐車場向かいの階段を登ります。

DSCF0649.jpg

凄い石段ですがまだまだ続きます。

DSCF2042.jpg

ようやく、右が「青岸渡寺」左が「熊野那智大社」というところまで登って来て、先ずは左の「熊野那智大社」へ。

DSCF0655.jpg

長い石段を登って、曲がると最後の石段です。

DSCF2048.jpg

ようやく来れました。

DSCF2056.jpg

先ずは本殿へのお参りを済ませて奥さんは御朱印をいただきます。

DSCF0660.jpg

ここにも八咫烏が御縣彦社に祀られています。

DSCF2051.jpg

「樟霊社」は大クスの木で「胎内くぐり」となっています。

DSCF2057.jpg

護摩木(300円)か絵馬(500円)を持って通り抜けることが出来るとのことで護摩木で奥さんと通らせていただきました。

DSCF0658.jpg

ちなみに絵馬も八咫烏なんですね。

DSCF2060.jpg

その先の門を出ると、そこは「青岸渡寺」となります。

DSCF2063.jpg

お参りを済ませ、西国三十三所の御朱印をいただき、スタンプラリーのスタンプも押しました。

DSCF0663.jpg

そして、和歌山3寺独自のスタンプラリーはここで満願ということで、手ぬぐいをいただきました。

2020-11-05 22.28.47.jpg

出発して直ぐに奥さんが忘れていたのがこの台紙です。パンチ

DSCF0664.jpg

これで今回一番の目的でありリベンジを果たすことが出来ました。

DSCF2068.jpg

その上の大黒天をお参り後、

DSCF2067.jpg

向こうに見える世界遺産で国指定名勝である「那智御瀧」と「三重塔」を望みます。

DSCF0676.jpg

せっかくなので望遠レンズで。

DSCF2070.jpg

そして、また長い石段を下って駐車場へ。

DSCF2073.jpg

駐車場を利用させていただいたこともあり、「和か屋本店」さんへ寄って「お滝もち」をいただこうと思っていたのですが、店内飲食は休止となっていて、仕方なく奥さんが一目ぼれしたこちらのお菓子を買ってオルビスへ戻りました。

DSCF0686.jpg

オルビスの中でこの「紀州てまり餅」を美味しく緑茶と共にいただきました。

ところがここでトラブル発生!

トイレに籠るジュジュを無理に出そうとして機嫌を損ねたところ腕が目の前にあったので、またもやガブリと噛まれてしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)

服の上からなので、傷にならなかったと思いましたが、わずかに刺さっていたようです。

そこへもう一つのトラブルが重なります。

暗かったのでダイネットのLED照明を点けていたのですが、それが数秒ごとに一瞬切れ始めました。

ずっと消えるわけではなく、一瞬だけ消えるのです。

その時。「カチッ」という音がするので、セカンドシートを開けてみたところ、リチウムバッテリーへ換装時に取り替えた未来舎のバッテリープロテクターからの音でした。

DSCF0685.jpg

このままではDC機器にも良くないと思い、プロテクターを介さず直結しようかと思いましたが、メインスイッチが連動しているので、そう簡単でもありません。

でも、DCを使わないようにと思い、偶然リチウムバッテリー換装時に使用していた100V照明を積んでいることを思い出して、インバーター経由のコンセントに刺しました。

2020-11-03 19.56.19.jpg

明るさは充分なので、照明はこれで何とかなると思ったところで、メインスイッチを入れてもDC機器が作動しなくなりました。

とは言え、それ以上何もできることは無く、これ以降DC無しでやっていかなくてはなりませんが、AC100Vが使用できるのは救いです。

冷蔵庫もFFヒーターもバッテリー直なので、問題ありません。

唯一、DCモーターが使えないので、蛇口の水が出ないのが不便ですが、飲用のペットボトルで代用するしかありません。

それよりも、地方なので夜が早いので、お風呂と夕食を考えないといけません。

幸い、すぐ下の元お土産店にお風呂があるようなので、そこへ行くことにしました。

2020-11-03 16.28.01.jpg

ここの名前も「やたがらす」です。

コロナの影響で、1階のお土産物店は閉鎖となったようですが、天然かけ流しの温泉施設は、営業していました。

500円の入浴料ですが、「くじら家」さんい貼ってあったポスターを見て、和歌山のスタンプラリー冊子をいただいていたので、クーポンで半額の250円になりました。

また、こちらの食堂もオープンしていたので、夕食にまぐろ丼をいただきました。

2020-11-03 18.03.32.jpg

本場のまぐろで美味しかったですし、一人で切り盛りするお兄さんが凄く好印象でした。

お風呂も、奥さんは露天風呂が貸し切り状態でのんびり堪能できたと喜んでいました。

オルビスに戻って、ジュジュにご飯をあげてから移動します。

途中、コンビニで朝食のパンと今飲む珈琲を買って、道の駅へ。

2020-11-03 21.06.03.jpg

他にもキャンピングカーのいるここは「道の駅 たいじ」です。

「道の駅 なち」の方が近かったのですが、汚いトイレが駄目なうちの奥さんが、その新しい建物を見落とすことはありませんでした。

2020-11-03 21.06.44.jpg

ここで、先ずはスィーツで珈琲タイムでまったりします。

2020-11-03 21.10.30.jpg

ジュジュに噛まれたところも、元々の傷も浅く、噛まれた後、水道が使えないので「アクアリブ」でできるだけ洗い流して、その後天然温泉にずっとさらしていたので、大事には至っておりませんでした。

2020-11-03 21.59.50.jpg

また、ジュジュに飲ませている抗生物質が効いてきて、口内炎による痛みが緩和されているようなので、その辺りも関係あるかも知れません。

2020-11-03 22.02.32.jpg

その後は、奥さんが期待したトイレに行ってみましたが、確かに美しいトイレでした。

2020-11-03 22.04.33.jpg

トイレの前の青い郵便ポストのイルカも可愛かったです。

そして、昨晩はほぼ寝ていないので、熟睡のベッドタイムのはずですが…

【2日目に続く】
posted by かわいいHERO at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188097142

この記事へのトラックバック