2020年11月06日

三十三所南紀リベンジ(2日目)

綺麗な道の駅「たいじ」で朝を迎えた4日の水曜日は世間的には平日です。

2020-11-04 08.42.31.jpg

前日寝ていないことから熟睡できたかというと、そうはいきませんでした。

2020-11-04 08.42.42.jpg

その原因はジュジュです。

いきなり冷え込んだこともあって、FFヒーターを稼働させていましたが、その温度調節が難しいのです。

全開だとあまりにも暑かったので、再度起動するときに絞ったところなかなか暖かくなりません。

リアベッドは寒いと思い、ペットヒーターの置いては居ますが、暑すぎる場合は逃げ場がないので、低めにしたのですが、ジュジュは猫エイズキャリアということで、風邪をひくと厄介なので、暖かくしておきたいわけです。

ちょっと神経質になり過ぎているのでしょうが、とにかく気になってしまいます。

奥さんは早々に寝入っているところで、私もバンクベッドに入りますが、ジュジュが呼ぶ?ので起き出して前夜同様にチュールをあげると、ノーマルチュールと総合栄養食チュール合わせて5本は食べたんじゃないでしょうか?

夕食が少し軽めだったとは言え、あまりの食欲に満腹中枢がいかれたのかと思いました。

その後、車内をウロウロしはじめて、キャビンに入ったらそこから動きません。

DSCF2077.jpg

全体がガラスで外が良く見えますから、野良の血が騒ぐのでしょうか?

DSCF0690.jpg

ジッと外を見ながら鳴くので、自由になりたいのかと思うと切なくなります。

でも、マナーウェアを付けていないので、このままだとどこかでおしっこをするのは確実なので、抱きかかえて狭い開口部からシェル側に連れて行こうとしましたが、スルスルと逃げられてしまい、またキャビンに居座ります。

流石にこれ以上は付き合っていられないので、バスタオルを持って来てからだを巻いて無事にリアベッドへ連れて行くことができましたが、やはり床へ降りてしまいます。

そこで、私が通路に座り込んで、行く手を阻んだ上で、ご機嫌直しにもう1本チュールをあげていたのですが、まさかの冷蔵庫上に置いていたLEDライトの安定が悪く、チュールを食べているジュジュの上に落下しました。

見事に命中してしまい、ジュジュは私にやられたものと思い込んで「シャー」と言い出す始末です。

またもや期限を損ねて怯えてしまい、チュールを出しても食べずで、自らリアベッドに引き籠ってしまいました。

せっかく良い感じになっていたのに、またふりだしです。

まぁ、おかげでそこから3時間くらいは寝れましたが、想定外の睡眠不足となりました。

2020-11-04 08.42.58.jpg

朝食を済ませていよいよくじらの町ともお別れです。

DSCF2087.jpg

太地からは無料のバイパスが出来ていて快適に新宮市に移動できました。

途中、今回もらった和歌山のスタンプラリーのスタンプを押すために新宮駅に寄ってから、熊野三山最後の神社へ。

DSCF2079.jpg

「熊野速玉大社」です。

DSCF0697.jpg

正面から入る為に駐車場から大回りしました。

DSCF2080.jpg

ここにも八咫烏神社がありましたが、八咫烏の姿は何処にもありませんでした。

DSCF2085.jpg

こちらは御神木「梛」だそうです。

DSCF2082.jpg

で、いよいよ参拝ですが、こちらも熊野本宮大社と同じような造りになっていて、この拝殿をくぐった先に各お社がありますので、撮影禁止の表示はありませんでしたが、お社の撮影は控えて、反対側の石だけ。

DSCF0703.jpg

下の写真は今年奉納された「さざれ石」だそうです。

説明文にもありますが、「さざれ石」とは小さな石が寄せ集まって大きなしっかりとした揺るぎなき石となったものであり、君が代にも出てくる石で、この「さざれ石」は、平成から令和に代わると同時に、熊野灘から浜へ打ち上げられたそうです。

DSCF0704.jpg

「熊野速玉大社」への参拝を終え、無事に熊野三山へのお参りも完結したので、早々に帰宅の途に就きます。

奥さんがみかんが欲しいというので、有田川市のいつもの「わいわい広場」の前を通ってみましたが、残念ながら未だオープンしていませんでした。

無人販売も何処も未だなようで、「どんどん広場」へ行ってみると、やや酸味の残る「極早生みかん」ばかりなので、「早生みかん」が出回るには少し早かったようです。

また、和歌山市方面へ来たので、奥さんがもう一つ買いたいものがあるということで、岬町の道の駅にもよることにします。

和歌山市方面へ向かう途中に出て来たどこかのお店でランチをと考えていましたが、奥さんが「マクドナルドでいい」と言うので、マックでお持ち帰りにして、移動しながらタブチを食べました。

そして、和歌山市を抜ける手前で急に奥さんが西国三十三所スタンプラリーで駅のスタンプをもらい損ねている紀三井寺の分をどうせならJR和歌山駅で貰うのに寄って欲しいと言い出し、慌ててナビで調べたら、紀三井寺駅が1キロ以内にあることがわかり、急遽紀三井寺駅へ。

2020-11-04 15.05.51.jpg

数本先の交差点を曲がってすぐだったので、時間的ロスも無く、良いタイミングで寄れました。

紀三井寺へ行った時は線路の反対側しか走っていない為、今回、駅の向こうに紀三井寺が見えていて、位置関係が良く理解できました。

そして、その先の道の駅「みさき」にも、無料のバイパス経由でスムーズでしたが、途中でずっとトイレに入っていじけていたジュジュが鳴き始め、「来るぞ来るぞ」と思っていたら、ようやく脱走してきて、キャビンへ来ました。

これから道の駅へ行くところでタイミングが悪いですが、道の駅の駐車場にオルビスを停めてから、展開を予想してキャビンに持って来ていたマナーウェアとハーネス&リードを付けて、グリップに繋いだ上で、急いで
奥さんと道の駅での買い物を済ませました。

2020-11-04 15.57.58.jpg

ちなみに奥さんが買いたかったのは、前回道の駅「みさき」に寄った時に買って帰った三輪そうめんの「ふし」ってやつです。

miwasoumen_ifusi_1.jpg写真引用:有限会社小西勇製麺所

とても使い勝手が良いらしく、先日もう無くなったので、また買いたいと言っていました。

元々は少し前のケンミンショーで取り上げていて知りました。

2020-11-04 15.58.21.jpg

道の駅ではキャビンまで来たのにいきなり置いてけぼりを喰らって不服そうなジュジュでしたが、ここから自宅までの道のりは、奥さんの膝の上で安心しきった様子でリラックスしていました。ハートたち(複数ハート)

2020-11-04 15.58.26.jpg

この日は平日ということで娘の塾がある日なので、阪神高速を利用して少し急いで帰宅して、ジュジュを部屋に連れて行ったり、少し後片付け等した後、シエンタで娘を迎えに行って、帰りにからあげの「からやま」で夕食を済ませました。

2020-11-04 19.53.05.jpg

私は親子丼セットでした。

さて、ジュジュが同行したり、オルビスのトラブルが有ったりで、バタバタとした南紀遠征でしたが、無事に西国三十三所の「青岸渡寺」で和歌山県が満願できて、熊野三山も回れたので、充実したものとなりました。わーい(嬉しい顔)

勿論、その晩は爆睡だったことは言うまでもありません。爆弾
posted by かわいいHERO at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188099138

この記事へのトラックバック