2020年11月28日

ひっそりと機種変更

今週初めの連休明けにひっそりとスマホの機種変更してきました。

2020-11-28 17.00.38.jpg

メイン端末なので、機種はもちろん「iPhone 12 Pro Max」です。

「iPhone ]s Max」からの変更ですが、ディスプレイが6.5インチから6.7インチに更に大きくなるので、ちょっと心配でしたが、実際に手にするとほとんど違いは感じませんでした。

まぁ、どちらも大きいです。

2020-11-28 17.02.24.jpg

事前に保護ガラスやケースは用意していたので、スムーズに移行できましたが、今回も格安でコストパフォーマンスの高い「Arae」の手帳型ケースをチョイスしました。

ストラップ付でカード入れに加えて写真が入れられる点が重要ポイントです。

質感も悪くなく、ここ最近は機種変更しても使い続けています。

2020-11-28 17.01.04.jpg

「iPhone ]s Max」から「iPhone 12 Pro Max」へ変更しても、コロナ時代にマスクで顔認証が使えないところとか、実際の使用感ではほぼ違いはありません。

でも唯一にして大きな違いがカメラです。

2眼から3眼へと変わりましたが、待望の広角レンズが導入されたのです。

まぁ、実際には前モデルから超広角は導入されていたわけですが、高価なiPhoneですから、1年で変更というわけにはいきませんでした。

でも、広角を含めた3眼というのは、使い始めて2年になる「Huawei Mate 20 Pro」がとっくに実装していたものです。

この「Mate 20 Pro」のカメラが素晴らしいが故に、2眼の「iPhone ]s Max」でも我慢が出来たと言えます。

2020-11-28 17.03.49.jpg

そこで気になるのが、その広角レンズの違いです。

実際に並べてカメラ機能を起動してみると、こんな感じです。

2020-11-28 17.12.59.jpg

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、「iPhone 12 Pro Max」の方がより広い範囲を捉えているように見えます。

2020-11-28 17.13.06.jpg

まぁ距離的にもアバウトなんですが、およそでは12.5cm程度に距離を合わせたつもりです。

カメラの位置も違うので、いずれにしても厳密にとはいきません。

で、改めてスペックを見比べてみると…

「Huawei Mate 20 Pro」焦点距離16mm相当でF値2.2

「iPhone 12 Pro Max」焦点距離13mm相当でF値2.4

とやはり「iPhone 12 Pro Max」の方がより広角みたいですが、明るいのは「Huawei Mate 20 Pro」。

ちなみに標準レンズは

「Huawei Mate 20 Pro」焦点距離27mm相当でF値1.8

「iPhone 12 Pro Max」焦点距離26mm相当でF値1.6

となり、「iPhone 12 Pro Max」の方が明るいんですね。

ついでに望遠レンズはというと…

「Huawei Mate 20 Pro」焦点距離80mm相当でF値2.4

「iPhone 12 Pro Max」焦点距離65mm相当でF値2.2

とこちらも「iPhone 12 Pro Max」の方が明るい。

まぁ、2年も違うので上回って当然と言えば当然なのですが、問題は「Huawei Mate 20 Pro」のLICAの色に「iPhone 12 Pro Max」が勝てるかどうかです。

それが今後の私のスマホカメラのメインの分かれ道なのですが、きっと最新の「Huawei Mate 40 Pro」なら相当凄いんだろうなぁと思ってしまいますが、グーグルサービスの使えない選択肢は無いです。

なので「iPhone 12 Pro Max」には期待していますし、素直に撮影の選択肢が増えたのはうれしいです。
posted by かわいいHERO at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣スマートフォン・タブレット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188167608

この記事へのトラックバック