2020年12月01日

ジュジュの急変

ジュジュのケージの暖房として設置した人間用の交換用こたつヒーターですが、上手くいきません。

6C5636A4-5334-4A4C-8E68-2C7F743690F1.jpeg

弱でもヒーター直下は42度にもなるようなので、サーモスタットスイッチをアマゾンで注文しました。

本格稼働は、そのサーモスタットが届いてからと考えていたのですが、試しに電源を入れてみたところ、ジュジュのいる下部ではなかなか温度は上がらないようです。

ファン付きなので大丈夫だろうと思っていましたが、少し設置場所が上過ぎたのかも知れません。

ある程度の時間が経てば、ケージ内全体が温まる可能性もありますが、それ以前にこのヒーターの音でジュジュがケージから逃げてしまいます。

何度か様子を伺っていてわかりましたが、どうもこのヒーターの音が苦手なようです。

ケージの外でも、ヒーターのファンの音なのでしょうか、私にはよくわからないのですが、猫には不快な音なのかも知れません。

結局、ケージから寒い場所に出てしまうので、このヒーター作戦は失敗のようです。

ではどうしよう…?

メイとさつきがリビングで使用し始めて、大活躍の猫専用コタツが結構温かいというのが確認できたので、再度猫専用コタツに注目です。

F7436DC6-6177-43E2-84DE-877D85EAF091.jpeg

ホームセンターで先日、買ったばかりの猫専用コタツが、処分価格で2個置いてあって、悔しい思いをしたのですが、その挽回も含めてもう一つ買うことにしました。

2個の内一つはもう売れてなくなっていたので、間に合って良かったです。

でも、ジュジュが入らないからメイとさつきのものになった猫専用コタツをまた買ってどうするのかって話です。

それは、コタツのヒーター部分のみをケージに設置しようと考えたのです。

1606791233735.jpg

コタツに入らないなら、ケージをコタツにしてしまえというわけです。

軽いので、キャットケージの下段板にワイヤーで固定しました。

JYUJYUHATER.jpg

これで、上と下から遠赤外線による暖房効果が期待できます。ひらめき

猫専用コタツのヒーターは音もしないので、ジュジュが怖がることもありません。

更なる温度低下に備えるために、今後は猫専用コタツのヒーター上部に、アルミシートを貼った段ボールで蓋をして、下の空間全体の温度をあげようと考えています。

そんなこんなの対策に試行錯誤で四苦八苦しているところで、昨晩からジュジュの食欲が急降下してしまいました。爆弾

口内炎が痛そうなので、高栄養食イミノキャットを継続して与えていますが、ここ2日程、ウンチがゆるゆるなので、免疫力が落ちているのかも知れません。

そこで、イミノキャットを与えながら、抗生薬ジスロマックのジェネリックであるアジーを再び与えてみようと考えていて、いつものペースト状のフードにアジーを混ぜ込んだのですが、一口も口にしてくれませんでした。

昨晩はいつものように食前にミルク状のイミノキャットを飲ませたら飲んでくれたので安心していましたが、ペーストフードを持って行くと、水を飲んでいて、これは食事が入らないだろうというくらい飲み続けていました。

なので、一度諦めて、時間を置いて食べさせようとしましたが、元気なく食べようとしません。

頼みの綱のニャンニャンカロリーを繰り出すも、今回は全く歯が立ちませんでした。

ですが、ニャンニャンカロリーだけなら食べてくれるようなので、ニャンニャンカロリーにアジーを混ぜ込んで、何とかかんとか食べさせました。

その後の総合栄養食のチュールは食べてくれたので、やはり、口の痛みが食欲の出ない原因なのか???

でも、水はしっかり飲んでいたんだけど…。

そして、今朝はイミノキャットも一切受け付けずなので、昨日のご飯を湯せんで温めたものに混ぜ込みましたが、案の上、見向きもしないところを、粘って粘ってニャンニャンカロリーを活用して、半分程度は食べてくれました。

やはり、総合栄養食のチュールは少しは食べてくれたので、昨晩よりはカロリーが取れたかなとは思いますが、これまでの1食100キロカロリー超は夢のまた夢の状態です。バッド(下向き矢印)

これまで唯一の希望がジュジュのその旺盛な食欲だったことから、これはジュジュにとって非常に深刻な問題です。がく〜(落胆した顔)

やはりステロイドの投与しかないかと考えているので、今晩も食欲が回復しない様であれば、明日病院へ連れて行って、ステロイド投与について相談して来ようと考えています。ふらふら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188176602

この記事へのトラックバック