2021年03月13日

BMS代わりの過充電防止

スマートBMSの設置に失敗した我が家の「オルビス・イオLi」ですが、今晩から恒例となりつつある三男坊のお迎えに島根へと向かいます。

過去の島根行きの経験上、残量300AH以上で出発すると、帰路の中国道辺りで電圧が上昇して苦労することになるので、今回は思い切って残量を落とすことにしました。

なので、木曜日から冷蔵庫とキッチンのLED照明を点けっ放しにしていましたが、金曜日にはLEDの代わりにインバーターをオンにしていました。

そして、そろそろ良いかなと思いつつ、昨晩インバーターをオフにして冷蔵庫だけにしていましたが、今朝の出勤前に確認したら160Aまで落ちていました。

2021-03-13 10.20.04.jpg

ただし、このボトロニックのバッテリーモニターの残量は正確でない可能性があるので、電圧を確認します。

2021-03-13 10.20.24.jpg

12.8Vなので、4で割ると1セルあたり3.2Vなので、シノポリーのバッテリーの曲線グラフを見ると、気温を考えると妥当なところでしょうか。

SINOPLY01.jpg

リチウムバッテリーに直で繋いでいるセル電圧計と合わせて管理します。

2021-03-13 10.20.33.jpg

但し、バッテリー残量が減れば、走行時の充電量も増えますから、先日アイドリングで50A越えだったことを考えると、スタート残量を減らしたところであまり意味はないかも知れません。

とは言え、これまでの経験上は電力消費による管理はしやすくなると思います。

でも、早く正常にBMSで管理できることがあるべき姿ですよねぇ。あせあせ(飛び散る汗)
posted by かわいいHERO at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>電気関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188486586

この記事へのトラックバック