2021年05月07日

だらだら

何処にも行けないゴールデンウイークも終わり、緊急事態宣言の延長が決定してももう感覚が麻痺してきています。

感染確率の低い人間が自宅に籠っているにも拘らず、感染を気にせず行動する人間が居て、結局感染は収まらない。

テレビのニュースで若者が「自分だけ我慢するのが馬鹿らしいので出てきました」とインタビューを受けて答えていましたが、まぁそうなるわなという印象です。

強制力を持って外出を禁止したところで、海外からの流入がある限りは変異株を伴う第2波、第3波と続くのは避けられないものかも知れませんが、強制力のない中では緊急事態宣言の効果が弱まっていく=自粛する人が減っていくのも当たり前のように思います。

明石市長が心無い言葉で大阪府知事と兵庫県知事を罵倒していましたが、未知のウィルスを前に、誰が指揮を執ったとしても、限界があるように思いますから、例え明石市長が知事であったとしても、大きく状況は変わっていないのではないかと思います。

それ以前に、やはり国が駄目駄目だったと感じている方は多いと思います。

都道府県の権限を制限しておきながら、引っ張っていくべき国が後手後手に回ってしまっており、それが一向に改善されている気がしません。

今回の緊急事態宣言延長に際し声を上げた音楽4団体に根負けする形で、イベントの無観客開催要請の撤廃や百貨店等も時短営業へと緩和されるようですが、withコロナと言うなら、初めから感染を阻止できた営業方式は認めていくことで、今後の新しい形が見えてくると思うのですが、何の努力もできない形で強制的に動きを完全に止めてさせてしまうと先を見通すことさえできません。

万全の感染対策を講じた上で行うも、万が一上手くいかず感染者を出してしまった方法を禁止とすれば、運営側も納得がいったことでしょう。

もちろん、変異株の強力な感染力で、どれもこれも上手くいかない可能性もあるわけで、そうなれば、違う道を探るしかないのですから、そこでまた新しい形が産まれてくるのだと思います。

個人に対しては、差別や偏見等の難しい側面はありますが、それでも明らかに感染して当たり前というようなルールを無視した行動による感染に対しては、何らかの罰則は必要でしょう。

本来感染することが罰のようなものですが、それを何とも思わず行動する人が居るのも事実ですから、交通ルールのようなものが必要かと思います。

とにかく故意に感染の可能性がある行為をするというのは、他人に危害を加えるも同じわけですから。

今の新型コロナはワクチンが行き渡ることで、一旦は収束を迎えるでしょうが、国には、今後別のウィルスが登場する可能性もあるわけですから、今回でしっかりと未来に向けたルールを作り上げて欲しいものです。
posted by かわいいHERO at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ひとりごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188648121

この記事へのトラックバック