2021年06月04日

パナソニックとドウシシャ

一昨日から我が家の風呂場がちょっと暗い。

どうやら、LED電球が駄目になりつつあるようです。

2021-06-03 23.49.21.jpg

明らかに左が暗いです。

LED電球はパナソニックのものを使っているのですが、駄目になるのはこれで2度目なんです。

以前は交換後1年以内ともっと早い段階で駄目になって、今回も長寿命を謳うLED電球なのに不満の残る状況です。

2021-06-02 19.13.56.jpg

電球をカメラに収めてコーナンでパナソニックの同等品を買おうと思ったものの、それらしきものがわからない。

というか、無さそうなのです。

仕方がないので、LEDで業績を伸ばしたアイリスオーヤマでも良いかと思ったものの、もう寿命が関係ないならば、どうせなら一番安くて売り場のほとんどを占領しているコーナンのPB商品であるPortTechで良いじゃんと言う結論になりました。

長持ちしないのであれば、敢えて馬鹿高いパナソニックを選ぶ必要も無いですから。

2021-06-03 23.47.05.jpg

パナソニック1本でこのPortTechの2本入りが何個買えるやら。

2021-06-03 23.54.26.jpg

箱の裏を見てみると、そこには輸入元にドウシシャの文字がありました。

コーナンはドウシシャと組んでいるのですね。ひらめき

ドウシシャと言えば、以前は山善や初期のアイリスオーヤマなんかと同様に、激安な商品を企画して中国で作らせる企画屋のイメージですが、最近、ちょっと我が家で見直した部分があります。

それはフライパン。

2021-06-04 00.01.38.jpg

以前、ティファールの26cmと28cmのevercookと言うブランドのフライパンを同時に購入して使っていたのですが、最近、ティファールのフライパンの焦げ付きが酷くて使えなくなり、奥さんがevercookの26cmが欲しいと言っていました。

大きさで使用頻度も多少は違うとは思いますが、ティファールに対してevercookの方は未だ焦げ付く様子がないようです。

2021-06-04 00.02.27.jpg

そこで、新たにevercookの26cmを買ったのですが、evercookってドウシシャだったのですよね。

2021-06-04 00.02.41.jpg

売場のPOPにも、確か主婦の支持率ナンバー1とか書いてあった気がします。

evercook.jpg

安いだけのイメージだったのが、多少高くても良いものというスタンスに変わって来ているのですね。

アキバのPCオタク専門店のようだったサンコーのレアモノショップなんかも、弁当箱型の炊飯器とかベルチェ素子を利用したネッククーラーなんかがヒットして今では量販店にも並ぶようになり、企画屋のイメージも変わって来ています。

アイリスオーヤマが、リストラされた国内電機メーカーの技術者を受け入れて今や国内家電メーカーになりつつあるのはご存知の通りですが、ニトリなんかも家電に力を入れ始めて、どんどん業界の図式が塗り替わって行っています。がく〜(落胆した顔)

先日のニュースでは、ぶっちぎりのソニーに次いで日立が業績良く、東芝、パナソニックが落ち込んでいるということでしたが、そのパナソニックは国内でのテレビの製造をやめて、中小型の液晶テレビは中国のTCLに生産委託すると言いますから、その差は無くなるばかりですね。ふらふら

パナソニックはレコーダーを気に入って利用していますから、テレビも…なんて思っていましたが、現状ではとてもその気にはなれません。バッド(下向き矢印)

こんな現状に対しては、ただただ寂しい限りです。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by かわいいHERO at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣ニュース、時事・社会問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188731041

この記事へのトラックバック