2021年06月10日

突然やって来た60インチの世界

記事が前後しましたが、昨日の朝、我が家のリビングに新しいテレビが来ました。

これまで我が家のリビングには、東芝の43インチのフルハイビジョンテレビが現役で楽しませてくれていました。

それで特に不自由も感じていませんでしたが、テレビにも4Kチューナーが普通になり、何より価格が安くなっています。

なので、その内買い替えようとは思っていたのですが、不自由がないので買い替える理由もありませんでした。そんな時エディオンのアプリでのセールの案内で「エディオンロト」を発見。

2021-05-31 00.31.33.jpg

何も考えずにやってみたところ…

2021-05-31 00.33.25.jpg

なんと3万ポイントが当選!

でも、説明をよく読むと指定機種の購入が条件となっていることから、どうせ大してお得ではないのだろうと思っていました。

我が家で今すぐに必要な家電というのもありませんが、強いて言うなら一度故障して修理していて、そろそろ寿命かなと思われる洗濯機くらいです。

念のため、店舗へ出向いて洗濯機売場で対象の指定機種を見て回りましたが、案の定、新製品がほとんどで、隣に並んで置いてある旧製品と比べてみると、機能はほとんど変わりないのに、金額だけが10万円近く高くなっているというものばかりでした。

これでは3万ポイント付けてもらったって値引きと考えれば決して安い買物とは言い難い状況です。

これはスルーだなと思って、ついでに大画面テレビの売場を見ていると、明らかに他よりも安いのに対象商品となっているテレビがありました。ひらめき

何でだろう?と思いつつも改めて調べてみることにしました。

そして、価格ドットコムで調べてみると、非常に評価が高い。

そして、金額も価格ドットコムの最低価格の少し上くらいなので、実店舗でこれは安いと感じました。

そうなると、3万ポイントを考慮するとかなりお得な買い物になることから、そのシャープの60インチのテレビを購入することにしたのです。

そう遠くない内にとは思っていましたし、売場を見て回って、これからは有機ELが主流になってくることが見て取れましたが、圧倒的な薄さを実現している有機ELの大画面テレビはまだまだ高価です。

そういう意味では、有機ELでない液晶テレビは最安値に近づいているのだろうとも思えます。

また、我が家特有の事情としては、既存のテレビボードの問題があります。

これまでのテレビボードは、テレビのスペースとしては43インチでは小さ過ぎる状態であり、自作の簡易テーブルを置いて、その上に43インチのテレビを置いていました。

2021-03-26 21.41.48.jpg

テレビボードはそのまま使い続けたいので、そのスペースに収まるテレビでないといけないわけですが、60インチというのがこれにピッタリであり、テレビボードを置く場合は、テレビ自体がいくら薄くても意味がありませんから、有機ELテレビのメリットは最小限です。

そんなこんなで、テレビボードの自作の机を撤去してみました。

2021-06-09 08.12.13.jpg

かなりスカスカな印象ですが、このテレビを購入した当時は、大画面テレビは未だ高かったですし、それ以前が32インチのブラウン管テレビだったこともあり、全く気になりませんでした。

むしろ、うちの奥さんはこれ以上だと大き過ぎるなんて言っていましたから…。ふらふら

ですが、いざ60インチのテレビがこのスペースに収まると、やっぱり大きくて良いようです。

2021-06-09 13.13.23.jpg

自作テーブルが高さの関係で置けなくなって、収納スペースが減ったものの、男の子たちが居なくなって、テレビゲームを持って行ったので、問題ありません。

edion_unext.jpg

最近のリビングのテレビは、主に奥さんと娘のK-POPライブや韓流含めたドラマの視聴が主なので、映画館みたいと喜んでいますが、テレビにエディオンのU-NEXT6ヵ月無料キャンペーンも付いて来て、ますますテレビっ子になりそうな母娘です。がく〜(落胆した顔)
posted by かわいいHERO at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣家電
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188747245

この記事へのトラックバック