2021年12月28日

「最大積載量」のステンシル

つや消し塗料の刷毛塗りで全塗装した通勤車のサンバートラックですが、塗装する際に、リアの最大積載量のステッカーを塗りつぶしてしまいました。

t2pix_20211124-145150.png

ですが、最大積載量表示が無いと法律違反らしく、車検に通らないようなので、ステッカーを貼りたいところですが、つや消しの刷毛塗りは表面が凸凹なので、ステッカーは剥がれてしまうらしい。

塗料を購入したタカラ塗料では、そういう場合にはステンシルを推奨しています。

ということで、前からやらなきゃと思っていた作業を実行です。

IMG_20211228_111512_resize_20211228_122953.jpg

その前に、錆が酷かったワイパーブレードも塗ります。

IMG_20211228_111519_resize_20211228_122953.jpg

これはあっという間でした。

IMG_20211228_111535_resize_20211228_122953.jpg

リアのステンシル作業については、事前にカッティングシートを用意していました。

IMG_20211228_111538_resize_20211228_122953.jpg

ステンシルと言えば、結構カスカスな刷毛で叩くイメージなのですが、やったことがないので、よくわからないままのぶっつけ作業でこうなりました。

IMG_20211228_114228_resize_20211228_122953.jpg

この写真では分かりにくいですが、ちょっと滲んだ感じになっており、塗料が多すぎたのかも知れませんが、小さいことは気にしません。

コチラのサンバーロゴは法的な必要性はありませんので、次の最大積載量表示がメインです。

IMG_20211228_114235_resize_20211228_122953.jpg

カッティングシートやアプリケーションシートの粘着力が強過ぎても苦労しそうなので、細心の注意を払ってステンシル作業からの剥がし作業です。

IMG_20211228_115851_resize_20211228_122953.jpg

残ったカッティングシートをマチ針を使って剥がしたので、所々下地の白が出ちゃっていますが、遠目にはわからないので、これも気にしません。

IMG_20211228_115843_resize_20211228_122953.jpg

完全な艶消しの方がよかったのかも知れませんが、目立って不味い部分ではないので、これでOKです。るんるん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189232832

この記事へのトラックバック