2010年05月08日

オルビスのトイレ処理(中間報告)

今回のGW北陸キャラバンでは、3日間という短い期間であったことと、はじめに大役をこなす勇気あるものが居なかった為、残念ながらトイレ消臭剤の効果を検証するには至りませんでした。
出発前に薬剤の投入はせずに出てしまったので、初日の夜にアロン化成鰍フ安寿シリーズ「ポータブルトイレ用防臭剤22」を1包投入しました。
toilet01.jpg
1袋6g入りの粉末状タイプですが、暗い中で投入したのでうっかりシャッターが閉まった状態で投入してしまい、あわてて指でタンク内に落としたのですが、これが明るい車内に戻ってみると指が真っ青になっていました。
この青い色、拭いても取れなくて2日間ぐらい色が残ってました。
どうやらアロン化成鰍フ安寿シリーズの粉末状タイプは水に溶けると青い液体となるようです。
サラヤなどの液体タイプと同じようなものかもしれません。
結局、小のみ数回(トータル5・6回?)の利用だけだったと思いますが、小だけなので臭いは特に気になるものではないものの、工事現場などの仮設トイレの臭いだなぁと感じました。
帰宅した翌日にトイレに流しましたが、その時はやはり少々臭いました。
小だけでこの臭いなので、大が入ればちょっと恐ろしいかもしれません。
今回初キャラバンということで、使い方がよくわかっていないこともありますが、販売店があらかじめいくらか水を入れてくれた状態だったので適量がわからず、薬剤投入時には少なめの水にしたのですが、最終的には使用回数の割りに量が多かったと感じており、余分な水を流しすぎているのかもしれません。
子供がどの程度の水を流しているかもチェックしていないので、人数の多い我が家では、そのあたりの管理から注意しないといけません。
で、私個人の今回の結論としては、アロン化成鰍フ安寿シリーズの粉末状タイプは今後使わないと思います。
残りは緊急時の予備として積んでおこうとは思いますが、おそらく使うことはないでしょう。
いつになるかわかりませんが、次は潟Xミスのさわやかナースシリーズ「洗浄も出来る消臭剤ポータブルトイレ用」を試してみたいと思います。
toilet02.jpg

実はバイオ系で瞬間消臭に持続性もバツグンとの表示なので結構期待しています。
当分の間は試せないと思いますが、いっそのこと自宅駐車場内で使ってみようかな…。
posted by かわいいHERO at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>水関係
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37697786

この記事へのトラックバック