2010年05月20日

魔法のテーブル

私のキャンピングカー「オルビスIO」は多人数乗車が前提だったため、リア二段ベッド部分に簡易ダイネットを特注しました。
オルビスシリーズの二段ベッドは上下とも跳ね上げ式が標準なのですが、私のオルビスIOは全て取り外し式となっています。
というのも、ダイネット化にあたり跳ね上げ式だと頭上の跳ね上げの遊び部分が邪魔だということのアドバイスを受けましたので、じゃあ取り外し式でとなりました。
実際納車され、現車をあれこれと確認していると、ここの部分にちょっと後悔が…。ふらふら
取り外し式は板そのものも重く、場所を取るため簡単にダイネット化することが出来ません。もうやだ〜(悲しい顔)
出発前にパターンを決めてキャラバン中固定で行くには申し分ないです。
が、我が家の場合は、もともと片側だけでも良いから下段マットを分割して席にできないか?という相談からの「簡易」ダイネットのはずだったのですが、打ち合わせの過程でニュアンスが違ってしまったようで、出発前に底板やマットをオルビスから下ろして利用しないとダイネット化が難しい仕様となってしまいました。
重い底板の付け外しや大きなマットの置き場所確保はキャラバンの中では不可能に近い作業です。
また、そもそも人数が多いから欲しい別ダイネットなので、同時に二段ベッドも不可欠なわけです。
出発前から少人数で二段ベッドなしで利用できるとわかっている時にはダイネットもあまり必要性はないのです。
ということで、ちょっと中途半端な装備となってしまいました。バッド(下向き矢印)
とはいえ、諦めてはいないので自分なりの快適化を頑張りたいと思います。グッド(上向き矢印)
で、そのリアダイネットのテーブル板なんですが、こいつはリアダイネットが使えなければ無意味な邪魔者のはずなんですが、結構可能性のある存在だったのです。ぴかぴか(新しい)

本来はこの形で利用するべきところですが…
my_orubis05.JPG

普段はこんな形で置いています。
我が家のオルビスIOはリアダイネットをお願いしたため、ベッド下発電機スペースより上は筒抜けです。
ですが、マガジンラックはあるのでテーブルの形状からここへ突っ込むと結構しっかり止まってくれ、荷物の目隠し兼扉のような役目をしてくれます。
少し手を加えれば安全に収納できそうです。
魔法のテーブル02.jpg

我が家のオルビスIOはエントランス部分にオプションのシートマットをオーダーしました。
2万円弱と結構な投資です。
魔法のテーブル03.jpg

ところが、こいつが結構かさばり、使用しない時の置き場所に困ります。
我が家では今のところリア下段ベッドの上に置いています。
魔法のテーブル04.jpg

そこで、何気にこのシートマットのかわりに先ほどのテーブルを置いてみるとこうなりました。
魔法のテーブル05.jpg

これでも悪くはないんですが座り心地がちょっと…ということで、
魔法のテーブル06.jpg

あるじゃないですか、使えるマットが…
魔法のテーブル07.jpg

で、こうなりました。
簡易の席としては十分です。
未使用時の収納場所の必要がないというだけで。
オプションシートマット降ろそうかしら。
ついでにテーブルを裏返して床まで降ろすと
魔法のテーブル08.jpg

金具の出っ張りが少々邪魔ですが怪我をするような形状ではないのでペットの落下防止にも…(もっとも我が家のゴンタ君はキャリーの中から出してもらっていませんが)
それならと、ここへ持って来たら…
魔法のテーブル09.jpg

キッチン側の受けを設けるだけで補助机として使えそうです。
まぁこれも突き詰めると先輩オーナーである空軍さんの受け売りですが、オプションシートマットのヘッドレストマット兼用化は、オルビス契約時に小西社長にお願いしてみましたが、ピンとこなかったのか「できる」とは言ってもらえませんでした。(うちは全然OKですが、ヘッドレストにお尻を置くことに抵抗のある人もいるかも知れませんが)
ということで、偶然我が家のテーブル板が魔法のテーブルだったというお話でした。
posted by かわいいHERO at 14:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>家具
この記事へのコメント
次々とアイデアが沸いてきますね。
魔法のテーブルの脚が縮んで、マットの受けに変身するのはどうかな〜と...分かりませんが。
オプションシートマットもそのうち、魔法のマットに変身しそうですね。

Posted by eppel at 2010年05月20日 17:34
なかなかするどいですねw。
テーブルは小さいのでマットの受けにはなりませんが、マットの受けをテーブルにできるといいなぁと思ったりはします。
質感はオルビスが断然すばらしいと思いますがマックレーさんのアイデアや工夫も魅力だと思います。
頭の中で考えるだけなら何でもできますので…
Posted by かわいいHERO at 2010年05月20日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38343991

この記事へのトラックバック