2010年06月20日

なかなか使えるかも?の暑さ対策グッズ

ポップアップの簡易キャンパーだった前車の時代から、車中泊における暑さ対策には頭を痛めてきて、行き着くところが家庭用エアコンつきの我が家のキャンピングカー「オルビスIO」だったわけですが、このエアコンも同時に搭載されている発電機を使用しなければ使えません。
そうなると、どんな環境でも使えるということはなく、周りが静かな状態の環境では、場所によって使えないということが考えられます。
なので、そんな時は発電機を使わずに扇風機を回すくらいしか方法はなくなります。
我が家のオルビスはソーラー発電機がついていますが、夜間は役に立ちません。
その代わりにサブバッテリーがツインで搭載されているので少々の電機なら供給可能です。
それでも、冷蔵庫や照明など他にも電気を使わなくてはなりませんから、出来るだけサブバッテリーへの負担を軽減したいというのも本音です。
ということで、またまた無駄かもしれない考察をしているうちに気になるものを見つけました。
それはUSB接続の扇風機です。
USBといえば、パソコンのUSB端子に接続してそこから電気もらって動作するあれです。
これまでも、いろんなものがUSBからの電源供給で売り出されていますが、基本的にはおもちゃですね。
扇風機についても電圧5V電流500mAで消費電力2.5Wという制限内で作動となると大きなものは当然動かせません。
車載タイプのDC扇風機でも電流1Aなので12Wです。
USBタイプがおもちゃであることは仕方ないのかなと思いますね。
しかしながら、そのおもちゃの扇風機の中でもアマゾンのレビューの評価がとても高いものがありました。
カラーによってバラつきはありますが概ね高評価なんです。
それがこれ
USBFAN01.jpg

つい、気になって買ってしまいました。
送料込みの1,700円ほどなので金額的にもおもちゃです。
本体はやはり小さくそれだけで本格的な機能は期待できません。
USBFAN02.jpg

パッケージもレトロですね。
USBFAN03.jpg

数あるカラーの中でも一番レトロな感じのものを選びました。
早速、デジタル小物用に持ち歩いているエネループのモバイルブースター(リチウムイオン充電池)でUSB接続してみました。
USBFAN04.jpg
このタイプのモバイルブースターはUSB端子が二つついていますが一方のみで使用した場合は4時間使えます。
USBFAN05.jpg
もうひとつ、こいつのすぐれたところは乾電池が使えることです。
USBでなくても乾電池が使えるので独立して使えます。
台座の下から単三エネループを4本入れてみました。
肝心の風力、パワーですが・・・

USBFAN06.jpg

小さい割りに結構風が来ますねぇ。
USBFAN07.jpg

この距離でもちゃんと風は来ています。
少なくともUSBタイプのおもちゃとしては十分な風量でしょう。
そして、素晴らしいと思ったのは音が静かなことです。
DCの車載扇風機では音の割りに風が来ないという不満をよく聞きますし、私も使った経験からそう思います。
それから比べると、こいつは静かでそこそこいい風がくる実用的なヤツだと思います。
あと、おまけに一応首も振ります。
ほんとよく出来たおもちゃです。
おもちゃなので実際どこまで実用に耐えるかは使ってみないとわかりませんが、一台持っておいても損はないグッズかなと思いました。
posted by かわいいHERO at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ┣オルビス>室内>備品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39056501

この記事へのトラックバック