2011年01月20日

久しぶりの三男坊とのおでかけ

今週、小4の三男坊のみ学校が休みということで、昨年夏の舞鶴若狭道無料化実験に伴う舞鶴方面以来の二人だけのお出かけをしてきました。
当初、どこへ行きたいかを聞くと「海遊館」とか「USJ」とか言ってましたが、そんな近くだとオルビスの出番がないので、即却下、「オルビスで田舎をのんびり」でも良ければ連れて行ってあげると半ば強引に説き伏せて、行き先を思案しておりました。
例のごとく昨晩遅くに寝るだけの状態にて自宅を出発、今回は悩んだ挙句あまり足を向けない南を目指します。
自宅のすぐ前に位置する阪神高速道路の入口から阪神高速を環状から湾岸線へ抜けて南下するのですが、いつも思いますが、このあたりのコンビナートの夜景はSFチックですごくかっこいいですね。

DSC_0025.JPG

残念ながら、スマートフォンのカメラではうまく撮れませんでしたが、実物はほんといいです。
その先の高速別料金が必要となる部分で現れる泉大津PAが今日の寝場所です。
昔、一度寄った覚えがあるのですが、当時の記憶とは違い、本線と同じフロアが大型車駐車場となっており、小型車は下のフロアだったので、小型車フロアへ降りてみると、時間が遅いこともあってか3台ほどの車しか居らず、思ったよりも少ない印象です。
ジェネを利用する予定は無いものの、FFヒーターを使用するので念のため外部の騒音状態をチェックしましたが、全く問題ないようです。

DSC_0028.JPG

到着してすぐに就寝モードに入って、三男坊は爆睡状態のなか、私は普段3Gのパケ放題で利用しているソフトバンクのスマートフォン「Desire」を家に忘れて来てしまったため、auのIS01に仕事用携帯のSIMを突っ込んでmixiやブログのチェックなどをしていましたが、思いのほか速度が遅く、途中で睡魔に負けてしまいました。
翌朝は、ジェネを使用せず、カセットコンロで湯を沸かし、IS01のワンセグで「めざましテレビ」をかけながら、そのまま簡単に朝食を済ませました。
このIS01のワンセグの受信性能はたいしたもんです。
優秀だと感じていたオルビスのパナのチューナーでは受信できてませんでしたから…。

泉大津PAを出発して、向かった先は「和歌山駅」です。
駅近くの安い駐車場にオルビスを停めて行動しようと考えていたのですが、事前に調査していた高さ制限なしの駐車場がうまく見つけることができずに、先に和歌山城方面に向かうことにしました。
すると、城の少し手前、NTT横に高さ制限がないとわかるコインパーキングを発見、そのまま駐車することにしました。
高さはOKでしたが、結構幅がタイトなものの無事停めることができました。
お城まで100メートルほどは歩きますが、近い方だったんじゃないかと思います。
ここへの目的は、お城の公園内の動物園でしたが、せっかく来たのでまずは和歌山城へ行ってみました。

DSC00774.jpg

入場は有料でしたが、場内には展示物がたくさんあり、三男坊も興味深く見ていました。
その後、お目当ての動物園へ。

DSC00789.jpg

ここの動物園には、以前一度来たことがあるのですが、三男坊はまだ赤ちゃんの域だったと思うので当然覚えていません。
小さな動物園ですが、ミーアキャットやビーバーなんかもいて、無料の割には十分充実しています。
ただ、残念だったのは、唯一の猛獣であるツキノワグマがこの季節で冬眠中だったことです。
でも、その代わりに人慣れしていて人懐っこい、かわいい野良猫ちゃんたちに三男坊はメロメロでした。

DSC00791.jpg

お城を後にして、和歌山駅から「和歌山電鉄」に乗ろうと思っていたのですが、電車の時間がタイトなのと、駐車場をうまく探せないことから「伊太祈曽」という駅までオルビスを走らせることにしました。
和歌山電鉄に乗る目的は…ご存知、猫の「たま駅長」です。
電車も少し変わった電車が走っているらしく楽しみですが、その前に少し早いですが腹ごしらえです。
三男坊のかねてからの希望で「テキサス2バーガー」目的のマクドナルドです。
偶然、伊太祈曽駅に向かう途中にあり、オルビスではドライブスルーできないので駐車場に停めました。
この駐車場、後で気がつきましたが車止めで停めると後ろの歩道がオルビスのジェネボックスの底ギリギリで「ヒヤッ」としました。
もしかすると、少し底を擦ってるかもしれませんが、大事に至らなくて良かったです。
こういう時、最新のオルビスのジェネボックスが5cm上に上がったというのは大きいですね。
そんなこんなで、マックを食べながら伊太祈曽駅に向かって、着いたところがこの駐車場です。

DSC00825.jpg

和歌山電鉄のホームページによると、なんでもこの駐車場の「月極」表示の無い部分に車を停めて、伊太祈曽駅の改札に置いてあるBOXに駐車代として200円を入れるそうです。
私は行きは忘れていましたが、帰りには、ちゃんと入れてきました。

ホームページから取り込んだ時刻表で時間を気にしていたのはこいつのせいです。

DSC00793.jpg

「おもでん」つまり、おもちゃ電車というやつです。
たった2両の電車ですが、真っ赤なボディの中には、おもちゃが飾られていたり、ガチャポンが置いてあったりと凝ったつくりに座布団のあるかわいい座席に、三男坊はハイテンションなままに車内を歩き回って
いました。
そして、到着したのが終点「喜志」駅です。

DSC00799.jpg

駅舎は猫の形となっています。
そう、ここは有名な「たま駅長」の居る駅なんです。
ですが、今日の「たま駅長」はガラス越しの自室の中でこの状態でした。

DSC00802.jpg

仕方ないので、たま駅長グッズ等置く小山商店さんで居残り組みの子供達へのお土産に、たま駅長のイラスト柄のサクマの缶ドロップを買って戻ってくると、たま駅長は落ち着き無く歩き回ってました。
ですが、ストロボが炊けないので露出が足りず、こんな状態です。

DSC00810.jpg

ですが、最後の最後にやってくれました。

DSC00818.jpg

ばっちりいい顔が撮れました。

帰りは、この日走っているもう一本の変わり電車である「いちご列車」に乗るつもりでしたが、余分に30分待たないといけなかったので、三男坊の意見もあり、帰りはノーマル電車で帰りました。
伊太祈曽駅には、和歌山電鉄の車庫があるのですが、そこには「たま列車」が止まっていました。

DSC00824.jpg

「たま列車」は土日しか走っていないようですが、次は乗ってみたいですね。
そんな伊太祈曽駅を後にして、次に向かったのは「和歌山県立自然博物館」です。
博物館とはいうものの、ここは水族館顔負けの水槽が存在します。

DSC00831.jpg

ちょうどバスツアーの団体さんが来て、博物館の職員の方の説明があるというので、しばらくその場に居座りました。
そして、数の多い水槽を見て周ったあとに出てきたのがこれ。

DSC00835.jpg

いわゆるタッチングプールってやつですね。
三男坊は満を持してというか…とにかく最後にはランニング姿でがんばってましたが、結局魚には触れませんでした。

DSC00836.jpg

昆虫や化石のコーナーなどひと通りを見て回り、博物館を後にして帰路に着く予定でしたが、帰りに少しだけ「黒潮市場」に寄って行くことにしました。
「黒潮市場」は和歌山マリーナシティの主要施設のひとつであり、メンテナンス休業でこの日営業していなかったポルトヨーロッパでしたが、「黒潮市場」はなかなかの人出でした。
そして、マグロの解体ショーをやったりしているということで、三男坊の希望で購入したものは…

DSC00837.jpg

大好物の中トロのお寿司を購入(残念ながら大トロは売り切れてました)、帰路途中の阪和道紀ノ川SAでほとんど三男坊が食べ、今回のお出かけは無事終了しました。

DSC00838.jpg
posted by かわいいHERO at 02:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣オルビス>おでかけ記録
この記事へのコメント
息子と二人旅、、それもいいですね!
自分が口説き伏せられるのはコロポポだけです(苦笑)
Posted by TUG at 2011年01月20日 15:26
>TUGさん
いやいや、いつもTUGさんところ見習わないとと思ってますよ。
息子と富士登山やサイクリングいいですねぇ。
でもうちは×3なので軟弱父には無理っす。
Posted by かわいいHERO at 2011年01月20日 15:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42747145

この記事へのトラックバック